AmazonがiRobotを買収

ビジネス

ルンバ製造元を約2300億円で買収

米Amazonが8月5日(現地時間)に、ロボット掃除機「ルンバ」を製造するiRobotを買収することを発表した。買収総額は約17億ドル(約2,300億円)。

Alexsa帝国がさらに巨大に

電子商取引とスマートホームの巨人がこの買収により、さらに大きくなることに。Amazonのコネクテッドデバイスのコレクションには、掃除機から空気清浄機まで、あらゆるものが含まれるようになる。Amazonはスマートホームの未来に大きく投資している。ロボット掃除機の分野は競争が激しいが、今回の買収でアマゾンはその専門性を獲得した。

Amazonは2021年には家庭用ロボット「Astro」を発表している。iRobotが持つホームマップ生成のノウハウは喉から手が出るほど欲しかったはずだ。

海外の反応は?

最後に海外の反応を見てみよう。Amazonが持つ市場に及ぼす影響力には、以前から懸念が広がっていた。また消費者の生活に対する深い洞察を得る能力についても、プライバシーの観点から異論の声があがっている。そんな中、AmazonがiRobotを買収したニュースに好意的な印象を抱いた人は少数派だったようだ。というか皆無?

・なんてことだ。私のルンバが。

・もうルンバなんていらない。

・なるほどな。ルンバにはカメラがたくさんあるからね。

・Amazonが我が家の見取り図を手にした。

・↑言い換えると、プライム会員は寝室まで荷物を運んでもらえる。

・ルンバが持つデータは、企業にとって最も重要な部分だった。

・Amazonにすべての個人情報が・・・。

・さてはルンバで俺たちのことを監視するつもりだな?

・アレクサ、掃除して。

・↑何年も前からアレクサがルンバを制御している。

https://reddit.com/r/technology/comments/wgu4og/amazon_acquires_roomba_robot_vacuum_makers_irobot/
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました