人気記事

失敗が続く日本の宇宙開発、「イプシロンS」燃焼試験の途中で爆発

サイエンス
更新情報

点火から1分足らずで異常

金曜日に秋田県にある宇宙航空研究開発機構(JAXA)の試験場で起きたイプシロンSエンジンの爆発は、日本の宇宙開発への野心を萎えさせる一連の失敗の中で最新のものとなった。

爆発は第2段エンジンの試験開始から約1分後に起こったという。負傷者はいない。来年度に予定している初号機の打ち上げのスケジュールが遅れる可能性もある。エンジンを覆うモーターケース(圧力容器)が壊れた可能性があると関係者は述べた。

JAXAの新型中型ロケットH-3は、3月のデビューフライトで第2段エンジンが計画通りに点火しなかったため、自爆するよう命じられた。昨年10月の固体燃料ロケット「イプシロン6号機」の失敗に続くものだった。

海外の反応は?

最後に海外の反応を見てみよう。

・日本は今年、ロケット打ち上げで大変な思いをしている。

・テストは正常に失敗した。

・これほど技術先進国でありながら、なぜか宇宙開発には苦戦している。

・ロケットは難しい…。

・この出来事を専門用語で「おっとっと」と言う。

・なぜ風力タービンのそばでテストを行うのか、誰か教えてくれる?

・煙を吹き飛ばすために扇風機を置いたのはいい考えだ。あの煙は有害だ。

・その日、彼らは多くのことを学んだに違いない。

・予定外の迅速な解体。

・成層圏より地上で

https://reddit.com/r/CatastrophicFailure/comments/14z337r/explosion_during_jaxas_epsilons_second_stage/
この記事を書いた人
ジェームズ

カナダ出身のホッケーマニア。大学の専攻は機械工学。蕎麦好き。

ジェームズをフォローする
サイエンス
ジェームズをフォローする
更新情報
Good Vibes
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました