人気記事

俳優のブルース・ウィリスさんが認知症に

ショービズ
更新情報

失語症を患っていた

ダイ・ハードシリーズなどで知られる米俳優のブルース・ウィリスさんが前頭側頭型認知症(FTD)と診断されたことを、彼の家族が木曜日に発表しました。ウィリスさんは2022年春に失語症と診断され、俳優業を引退していました。

「2022年春にブルースの失語症の診断を発表して以来、ブルースの状態は進行し、現在ではより具体的な診断である前頭側頭型認知症(FTD)が判明しています」と家族が声明を出しました。

60歳未満の認知症で最も一般的なFTDは、45歳から64歳の間に発症するケースが多く、ウィリス氏は「コミュニケーションへの挑戦」を症状の一つとして挙げています。この病気はあまり知られておらず、正式な診断を受けるまでに何年もかかるため、統計が示すよりも一般的な病気である可能性が高いとされています。

海外の反応は?

最後に海外の反応を見てみよう。

・とても悲しいことだ。認知症は恐ろしい病気。

・私の父は、昨年の5月にこの病気で亡くなったばかり。

・パルプ・フィクションを最初に観たときはどう処理していいかわからなかったが、結局いろいろな理由で再見したい映画のトップ5に入ることになった。ブルース・ウィリスもその理由の一つ。

・失語症の話が出たときに、そうなることは予想できたよ。

・本当に悲しいことだ。

・映画界にとって大きな損失だ。

・このニュースを聞いてとても悲しい。

・いつも彼が大好きで、私を笑わせてくれました。

・本当に悲しいことだが、彼は素晴らしい映画の遺産を残している。

・心が痛むよ。

reddit.com/r/movies/comments/113zdzt/bruce_willis_diagnosed_with_dementia/
この記事を書いた人
ジェームズ

カナダ出身のホッケーマニア。大学の専攻は機械工学。蕎麦好き。

ジェームズをフォローする
ショービズ
ジェームズをフォローする
更新情報
Good Vibes
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました