中国の大学、学生に「恋愛をさせる」ための休暇を導入

国際

サクラサク、恋に堕ちよう

中国の9つの大学が、学生に「恋愛をするための」1週間の春休みを与えたことが話題になっています。泛美教育集団傘下の9つの大学は、2019年から生徒と教師に1週間の春休みを与えてきましたが、今年のテーマは「桜を楽しみ、恋に落ちよう」と、特に恋愛に重きを置いています。学生たちには、旅日記をつけたり、旅の動画を撮ったり、成長記録を書いたりすることが求められています。

出生率の維持に苦労する国内事情

これは中国で出生率や婚姻率が低下している問題に対処するための取り組みの一環です。中国政府や企業、地方自治体は、この問題に対する様々なアプローチを試みています。

例えば、地元の企業や省、町が30日間の「結婚休暇」を提供したり、都市部の女性に対して、農村部の年上の独身男性との交際を促すキャンペーンを行っていることが挙げられます。これらの取り組みは、人々に結婚や出産を意識させることを目的としています。

これらの施策が行われる背景には、中国の人口構造の変化があります。過去数十年にわたって、中国は急速に経済発展を遂げ、生活水準も向上しました。しかし、この発展に伴い、出生率が低下しているため、将来的には人口構造の問題が深刻化する可能性があります。そのため、中国政府は出生率を上げるための施策を積極的に打ち出しているのです。

海外の反応は?

最後に海外の反応を見てみよう。

・今学期の期末テストは子作り。

・20億人いるのにもっと人口が必要なのか?

・きっとうまくいくはず。

・あまり赤ちゃんは増やさないでね。

・無料のアルコールはないのか?本当にスプリングブレイクの真似をした方がいい。

・もしこれが英国で行われたら、どんな大惨事になるか想像してみて。

・どこもかしこも出生率が下がっているのか。

・子供を産むと減税する!それしかないだろう。

・中国人はテキーラを試したことがある?

・ディストピアへの移行第一段階完了。

https://reddit.com/r/nottheonion/comments/126k1fn/chinese_colleges_are_giving_students_a_week_off/
この記事を書いた人
ジェームズ

カナダ出身のホッケーマニア。大学の専攻は機械工学。蕎麦好き。

ジェームズをフォローする
国際
ジェームズをフォローする
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました