「ヒラリー」、米西海岸各地で被害

国際

26年ぶりに異例の接近

熱帯低気圧「ヒラリー」が、26年ぶりにカリフォルニアを通過した。国立ハリケーンセンターや国立気象局は、南カリフォルニアに対して熱帯暴風雨警報を初めて発令しました。

上陸前にハリケーンから熱帯低気圧に降格したヒラリーのだが、降雨と強風は、カリフォルニアから西部の内陸部にまで及んでいる。また、生命を脅かし、壊滅的な被害をもたらす可能性のある鉄砲水の危険性が指摘されている。

メキシコでは男性が1人流されて死亡している。

ハリケーンの名前の付け方

ハリケーンの名前は、国際的な標準を定める世界気象機関(WMO)によって運営されています。事前に決められたリストには、男性名と女性名が交互に並び、アルファベット順に使用されていきます。これにより、同じ名前が再利用されるのは何年か後になります。

一部の猛烈な被害をもたらしたハリケーンの名前は引退し、その名前は二度と使用されません。新しい名前は国際的な協力に基づいて提案され、選ばれます。

海外の反応は?

最後に海外の反応を見てみよう。

・私の妹がこの嵐を経験している……。彼女はマウイから戻ったばかりなんだ。

・ここサンディエゴでは、昨夜激しいにわか雨が降った。

・アナハイムに住む私たちは、何日も前から死が訪れると聞かされていた。

・暴風雨は南西部の干ばつ状況を少しでも改善したのだろうか?

・干ばつは冬の嵐以来、州の大部分で解消している。

・話は少しそれるが、ハリケーンに実在の人名をつけるのはやめるべきだろうか?高校時代、カトリーナという女の子がハリケーンのジョークが大嫌いだった。

・日本では数字を使う。

・セブンという名前の子供たちのことを考えてみてほしい!

・気候変動否定論者にちなんだ名前をつければいい。

・億万長者や石油会社の名前を付けよう。

https://reddit.com/r/news/comments/15x5mso/hilary_live_updates_risk_of_flooding_remains_as/
この記事を書いた人
ジェームズ

カナダ出身のホッケーマニア。大学の専攻は機械工学。蕎麦好き。

ジェームズをフォローする
国際
ジェームズをフォローする
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました