表情がリアルすぎるヒューマノイドに世界が驚愕!

テクノロジー

まるでCG!不気味の谷を越えてきた!

イギリスのエンターテインメント・ヒューマノイドロボット企業Engineered Artsが、ヒューマノイドロボット「Ameca」を発表した。そのあまりのリアルさが世界で話題になっている。腕と顔に人工スキンが施されているだけだが、滑らかな動きや表情筋はまるで本物の人間そのもの。ウィル・スミスが主演したSF映画アイ、ロボット(2004)を彷彿させる。「不気味の谷」という言葉を聞いたことがあるだろうか?ロボットがあまりに人間に似てくると、人間が嫌悪感を感じるという意味だが、このロボットは不気味の谷を越えてきたと言ってもよいだろう。Amecaはまだ歩行することができないが、これが歩いてきたら、恐怖の谷を越えてきそうだ。

・これ、マジ?

・人間は一線を越えてしまった。

・リアルなロボットは嫌い。

・私は可愛いと思った。

・待って。これはCGじゃないの?

・アイ、ロボットの撮影現場?

・急げ!ウィル・スミスを早く連れてこい!

・スカイネットはこうやって始まる。

・この映画を見たことがある。

https://reddit.com/r/oddlyterrifying/comments/r7b2vj/robot_with_a_face_is_quite_creepy/
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました