自動運転モードのテスラ車が警官の制止を無視して走り続ける | Good Vibes
人気記事

自動運転モードのテスラ車が警官の制止を無視して走り続ける

笑い話
更新情報

ドライバーは居眠り

ドイツから自動運転に関する面白いニュースが入って来たので紹介します。テスラのドライバーが居眠り運転中に警官がその車を制止させようとしましたが、自動運転中の車が警察を無視して走行を続けてしまいました。

45歳のドライバーが運転中に居眠りをし、時速110キロで「自動操縦」で走行していたという。

警察が停車させようとするも、テスラ車はそのまま走り続けました。 「ドライバーは停止信号や警官からの度重なるクラクションに反応しなかった 」と警察は報告しています。 車が停車した時、運転手は目を閉じてシートに座り、ハンドルから手を離したままだった。  警察の発表によると、ドライバーからは薬物反応があったそう。

通常、ドライバーが居眠りをすると、車がそれを感知して、自動運転モードは使えなくなるのだが、男は何かしらの細工をして、この制御をかいくぐっていたそうだ。

事故が起きなかったことが不幸中の幸いですね。

海外の反応は?

最後に海外の反応を見てみよう。

・クルーズコントロールが警察のために停止しなかった?嘘だろ?

・警察が抵抗するなと叫んで、撃ってくるのを車が恐れたのだろう。

・↑黒いテスラ車だったの?

・テスラを買う理由がようやくできた。

・明らかにドライバーの責任ではなく、テスラの責任。

・私もテスラ乗りだけど、とんでもない奴だ。

・↑それはすべてのテスラ乗りに関して言えることだ。

・馬鹿に付ける薬はない。

・警官「サイレンが聞こえなかったんですか?」ドライバー「夢だと思っていました」

・自動運転で眠れる奴なんているのか?俺なんて奥さんの運転でも眠れないのに。

https://reddit.com/r/nottheonion/comments/zyu5ci/tesla_driver_falls_asleep_autopilot_ignores/
この記事を書いた人
ジェームズ

カナダ出身のホッケーマニア。大学の専攻は機械工学。蕎麦好き。

ジェームズをフォローする
笑い話
ジェームズをフォローする
更新情報
Good Vibes
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました