海外に住む日本人で孤独を感じている人の割合

広告
更新情報
更新情報
国内
広告

約45%の在外日本人が孤独を感じる:政府の調査

最近の日本政府の調査によると、在外日本人の約45%が時折孤独を感じることがわかりました。日本人コミュニティの結びつきが弱い地域では、孤独感が高まる傾向があるとされています。この調査は、日本外務省が初めて実施したもので、約130万人の在外日本人を対象に行われ、昨年10月から12月の間に55,420人のオンライン回答が集まりました。調査結果によると、「しばしばまたは常に」「時々」「たまに」と答えた人が44.9%に達し、国内の同様の調査結果より5.6ポイント高かった。

地域別では、西ヨーロッパ(英国やフランスを含む)が48.0%と最も高く、南米が46.4%、北米が45.3%と続きました。アフリカは39.0%と最も低く、中東が41.4%でした。孤独感の原因として最も多かったのは言語の壁で31.6%、次いで文化の違いが27.9%でした。「しばしばまたは常に」孤独を感じると答えた人の44.5%が、その状態が5年以上続いていると回答しました。

外務省は、海外の日本人コミュニティや国内の自殺防止団体と協力して、孤独に悩む在外日本人を支援する取り組みを進めています。

海外に住む日本人の数

最新のデータによると、海外に住む日本人の数は約140万人です。主な居住国トップ10は、アメリカ合衆国(約43万人)、中国(約12万人)、オーストラリア(約9万人)、タイ(約8万人)、カナダ(約7万人)、英国(約6万人)、ドイツ(約4万人)、ブラジル(約3万人)、フィリピン(約3万人)、フランス(約3万人)です。

日本人の主な職業は、駐在員(企業の現地法人や関連会社に勤務する社員)、教育関係者(学校や日本語教育機関の教師)、現地採用(現地企業に直接採用される職員)、観光・ホスピタリティ(ホテルや旅行会社のスタッフ)、医療関係者(現地の病院やクリニックに勤務する医師や看護師)、飲食業(レストランやカフェの経営者や従業員)、IT・エンジニアリング(現地のIT企業や技術系企業での勤務)、金融・保険(現地の銀行や保険会社に勤務する職員)、貿易・物流(輸出入関連の企業での勤務)、コンサルティング(ビジネスコンサルタントやマーケティングの専門家)などです。

これらの職業は、各国の経済状況や業界の需要によって異なりますが、特にIT業界や金融業界などは高い給与水準が期待できる分野とされています。また、各国における日本人コミュニティやサポートネットワークの存在も、海外での生活を支える重要な要素となっています。


海外の反応は?

最後に海外の反応を見てみよう。

・全体的に見ても45%の人が孤独を感じてると思う。

・そうだね、比較して考えることが重要だね。ある国では平均より低いかもしれないし。

・記事によると、日本に住んでる日本人と比べて約5%高いんだって。

・アンケートには誤差があるし、これは自己選択型のオンラインアンケートっぽいから、その誤差の範囲内に収まる可能性も高い。

・たとえ現地の言語が上手でも、現地の文化や習慣と完全に一致することはないから、やっぱり日本国内にいるのとは違うよね。


・日本国内で孤独を感じている人は40%なんだよね。

・南米での孤独感の数字が高いのは驚きだな。

・日本国内で孤独を感じる日本人は40%。外国でそれが5%上がるのは、統計的には合理的な結果だと思う。

・日本人のルームメイトが全然社交的じゃなかった。小さな集まりさえも嫌がってた。

・言語の問題は常にあるよね。

https://reddit.com/r/worldnews/comments/1dc848k/45_of_japanese_living_abroad_feel_lonely/
広告
広告
この記事を書いた人
ジェームズ

カナダ出身のホッケーマニア。大学の専攻は機械工学。蕎麦好き。

ジェームズをフォローする
国内
SNSフォローボタン
ジェームズをフォローする
ジェームズをフォローする
更新情報
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました