欧米メディアが日本の最高裁判決を報じる、トランスジェンダーのトイレ使用制限

国内

トランスジェンダーのトイレ利用を制限するのは違法

最高裁は、職場におけるLGBTQの権利に関する初の判決として、トランスジェンダーが特定のトイレを使用することを制限することは違法であるとの判決を下した。被告は経済産業省に勤めるトランスジェンダーの女性、同省が原告は女性であることを認めた後、女性が女性用トイレの使用許可を求めたが、少なくとも2階以上離れたトイレの使用しか許可されなかった。

判決を受け、同省は声明で、「判決を慎重に検討し、関係省庁と協議の上、適切な措置を講じる」とし、「今後も職員の多様性を尊重する努力を続けていく」と付け加えた。

トランスジェンダーとは

トランスジェンダー(Transgender)とは、個人の性自認が、生物学的な性別と一致しない状況を指す用語です。つまり、生まれつき男性とされた個人が自分自身を女性と認識する場合や、生まれつき女性とされた個人が自分自身を男性と認識する場合など、生物学的な性別とは異なるジェンダー(社会的性別)のアイデンティティを持つ人々を指します。

トランスジェンダーの人々は、自己のジェンダーアイデンティティに基づいて、身体的な変化(ホルモン療法や性別適合手術など)や社会的な変化(名前や性別マーカーの変更、公的文書の更新など)を追求する場合があります。

トランスジェンダーの個人は、多様なジェンダーのアイデンティティを持つことがあります。一部の人々は、男性と女性の二元的なジェンダーカテゴリーにとどまらず、ノンバイナリー(非二元的)やジェンダークィア(ジェンダーに関する慣習や期待に合致しない)など、他のアイデンティティを採用することもあります。

トランスジェンダーの個人やトランスジェンダーの概念に対する理解と認識は、社会や文化によって異なります。しかし、ここ数年、日本を含む多くの国や地域では、トランスジェンダーの人々が人権を享受し、尊重される権利を持つべきだとする法的な進展がありました。

海外の反応は?

最後に海外の反応をチェック。

・そうだ。よくやった日本!

・アメリカにも浸透してほしい。

・日本の最高裁は正直になるべきだ。

・10月に日本に行くトランスジェンダーの一人として、これは素晴らしい。

・性別にとらわれないトイレを作ればいいだけだ。誰がどこで小便やクソをしようが、正直どうでもいい。

・ようやく常識のある国が現れた。

・男女のサインを下ろせば、誰も気にしなくなる。

・アメリカから見れば、日本が社会問題で我々を追い越すのはとても奇妙なことだ。

・でも、日本でトランスジェンダーと認定されるには、生殖器を摘出しなければならない。

・最近、日本は良い決断を下している。

https://reddit.com/r/worldnews/comments/14wjb5s/japanese_supreme_court_declares_restriction_of/
この記事を書いた人
Miki

趣味は読書。丸の内OL。猫が好き。

Mikiをフォローする
国内
Mikiをフォローする
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました