台湾総統選挙、与党・頼清徳氏が当選 | Good Vibes
人気記事

台湾総統選挙、与党・頼清徳氏が当選

国際
更新情報

対中強硬派が3期連続で当選

台湾の与党である民進党の頼清徳が、総統選の大接戦の末に勝利し、台湾の次期指導者となった。

現地時間午後8時、頼清徳氏はライバルの国民党の侯友宜新北市長を7%強の得票率で破った。台湾では今年、約69%の有権者が選挙に投票した。台北時報によれば、1,360万人が投票に出かけた2020年選挙の印象的な75%には及ばなかったが、2016年選挙の66%を上回った。

この勝利は、台湾が30年以上前に民主的な選挙を始めて以来初めて、民進党が国民党に3連勝したことを意味する。

中国と台湾の関係

台湾と中国の関係は、歴史的な背景、政治的立場、そして国際的な認知の差異から生じる複雑なものです。中華民国(台湾)と中華人民共和国(中国)は、国共内戦後の1949年に分裂し、台湾は独自の政府を樹立しました。その後も台湾は中華人民共和国の一部とはならず、独自の統治を維持しています。

中国は一貫して台湾を自国の一部と主張し、平和的な統一を目指していますが、その過程で軍事的な圧力をかけることもあり、台湾はこれに対抗して独立を宣言するなど、緊張が続いています。台湾は自らを中華民国として位置づけ、国際連合からも排除されていますが、事実上独立国家として機能しています。

国際社会では台湾問題に対する態度が分かれています。一部の国々は一つの中国政策を支持し、中華人民共和国を唯一の正統な中国と認めています。一方で、台湾との外交的・経済的な関係を築く国もあり、台湾は国際社会で一定の存在感を維持しています。

経済面では、台湾と中国は相互に経済的な交流を深めています。企業の進出や貿易が盛んであり、両者の経済は密接に結びついています。ただし、政治的な対立が根底にあるため、これらの経済的な関係も一定のリスクを伴っています。

台湾と中国の関係は依然として緊張が続くものの、国際的な枠組みや地域の平和と安定を考える上で、解決が求められている課題の一つです。

海外の反応は?

最後に海外の反応を見てみよう。

・民主主義が大きく前進。

・おめでとう!これは大きな勝利だ!

・これは大きなニュースだ。民主主義の大きな勝利だ。

・彼らの世論調査はこの結果を予測していたのか、それともサプライズだったのか。

・台湾の法律では選挙前の2週間は世論調査を禁じているが、直近の世論調査では、頼氏が甲氏に少なくとも5%の差をつけてリードしていた。実際の結果は〜7%のリードだった。

・近い将来:中国は台湾の公正な選挙と民主主義を非難する。

・プーさんはとても嫌な一日を過ごしている。

・プーさんは満足しないだろう。

・台湾は早く、韓国+日本+アメリカの安全な傘に入るべきだ。

・中国共産党は国民党の操り人形が成功しなかったことに怒っている!

https://reddit.com/r/worldnews/comments/195mhum/taiwans_ruling_party_secures_record_third_term_as/
この記事を書いた人
ジェームズ

カナダ出身のホッケーマニア。大学の専攻は機械工学。蕎麦好き。

ジェームズをフォローする
国際
ジェームズをフォローする
更新情報
Good Vibes
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました