俳優のドナルド・サザーランドさんが死去

広告
更新情報
更新情報
ショービズ
広告

カナダの伝説的な個性派俳優

ドナルド・サザーランドが2024年6月20日にマイアミで長い闘病の末に88歳で亡くなりました。彼は『ダーティ・ダズン』『MASH』『クラウト』『アニマル・ハウス』『普通の人々』『プライドと偏見』『ハンガー・ゲーム』シリーズなど、多くの映画で活躍したことで知られています。2017年にはアカデミー名誉賞を受賞し、『Citizen X』ではエミー賞も獲得しました。サザーランドのキャリアは60年以上にわたり、約200本の映画やテレビ番組に出演しました。彼の息子には『24』『デザインド・サバイバー』で知られるキーファー・サザーランドやCAAメディアファイナンスの役員であるロエグ・サザーランドがいます。

サザーランドの代表作には、『MASH』のホークアイ・ピアースや『クラウト』のジョン・クラウト、『ハンガー・ゲーム』シリーズの大統領コリオラヌス・スノーなどがあります。彼の映画デビューは『ダーティ・ダズン』で、その後も1970年代には『ケリーの英雄たち』『赤い影』『グレート・トレイン・ロブbery』『ボディ・スナッチャー』『アニマル・ハウス』などに出演し続けました。特に『普通の人々』では、息子の死を乗り越えようとする父親役で評価されました。

2000年代と2010年代にも『アド・アストラ』『ムーンフォール』『ダーティ・セクシー・マネー』『大聖堂』『クロッシング・ラインズ』『トラスト』『スイミング・ウィズ・シャークス』『アンドゥーイング』などの作品に出演しました。彼の最後のテレビ出演は『ローンマン:バス・リーブス』でした。また、ケイト・ブッシュの1985年の曲「クラウドバスティング」のミュージックビデオにも出演しています。舞台では『ロリータ』に出演しましたが、これは不評に終わりました。サザーランドはその多彩な演技と長年の功績で、エンターテインメント業界において不朽の存在となりました。

息子のキーファーとインタビューに答えるドナルド


海外の反応は?

最後に海外の反応をチェック。

・彼のキャリアは伝説的だった。

・素晴らしい俳優で、カナダの政治史上最も重要な人物の一人であるトミー・ダグラスの義理の息子でもあったんだ。

・彼の出演作をIMDBで調べようとしたけど、数が多すぎて途中で諦めたよ。

・彼は「働く俳優」の定義そのものだった。何にでも出演してたし、カナダの小さな映画にも積極的に参加して、多くの映画が作られるのを助けてくれたんだ。

・本当に素晴らしい俳優だった。悪役も善役もどちらも完璧にこなしてた。

・彼の時代の最高の俳優の一人だった。

・神様、違うドナルドを連れて行ってくれ。

・本当に素晴らしい俳優だったけど、彼の声が一番好きだった。

・彼のキャリアは素晴らしかったし、キーファーの父でもあったね。RIP

https://reddit.com/r/news/comments/1dkh2ot/donald_sutherland_dont_look_now_and_hunger_games/
広告
広告
この記事を書いた人
Miki

趣味は読書。丸の内OL。猫が好き。

Mikiをフォローする
ショービズ
SNSフォローボタン
Mikiをフォローする
Mikiをフォローする
更新情報
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました