人気記事

京アニ放火事件の裁判に海外も注目

国内
更新情報

青葉被告は放火を認める

2019年に日本のアニメスタジオで起きた放火事件の容疑者が火曜日に公判に臨み、36人殺害の罪を認めた。日本で過去数十年で最も凶悪な犯罪の裁判は、被告が襲撃で負った重度の火傷から回復する時間を与えるため、長らく延期されていた。日本だけでなく、世界にも衝撃を与えたこの事件の裁判の行方に海外メディアも注目している。

青葉真司被告(45)は、2019年7月18日に京都アニメーションの第1スタジオに押しかけ放火し、複数の殺人、殺人未遂、放火の罪に問われている。この火事で36人が死亡、30人以上が大やけどやけがを負った。

青葉被告は車いすに乗って、京都地方裁判所に出廷した。検察によれば、青葉被告は京都アニメーションに、会社のコンテストに応募した自分の小説を盗まれたと思い、「復讐」のために犯行に及んだという。

京都アニメーション

京都アニメーション(Kyoto Animation、略称:京アニ、KyoAni)は、日本のアニメーション制作会社。その高品質なアニメーション作品や独自の制作スタイルで知られています。

設立と歴史:
京都アニメーションは、1981年に設立されました。設立当初は、ビデオソフト用のアニメーション制作を行っていましたが、その後、テレビアニメーションや劇場映画など、幅広いメディアでアニメーション制作を手がけています。

制作スタイル:
京都アニメーションは、独自のアニメーション制作スタイルで知られており、美しいキャラクターデザイン、緻密な背景、詳細な表現力が特徴です。その作品はしばしば感情豊かで、登場人物の心情や関係に焦点を当てています。

代表作品:
京都アニメーションの代表的な作品には、以下のようなものがあります。
“涼宮ハルヒの憂鬱”(The Melancholy of Haruhi Suzumiya)
“けいおん!”(K-On!)
“中二病でも恋がしたい!”(Love, Chunibyo & Other Delusions)
“聲の形”(A Silent Voice)
“ヴァイオレット・エヴァーガーデン”(Violet Evergarden)

アニメーションの賞:
京都アニメーションは、その制作品質に対して多くの賞を受賞しており、アニメーション業界で高い評価を受けています。特に「聲の形」は、国内外で多くの賞を獲得し、重要な作品として認識されています。

事件:
2019年に、京都アニメーションの本社が放火事件に遭い、多くの犠牲者が出ました。この事件は日本国内外で大きな注目を集め、アニメ業界やファンコミュニティに衝撃を与えました。

海外の反応は?

最後に海外の反応を見てみよう。

・当時、私は日本に留学していた。先生たちからその話を聞いて、涙ぐんだことを覚えています。私の学校でも、私たち生徒に元気が出るようなノートを書かせ、スタジオに送っていた。

・なぜ彼はケガで死ななかったのか?

・自分のしたことのすべてを償うことを願っている。

・私は死刑を信じないが、もし死刑に値する者がいるとすれば、この男はその一人だ。

・彼が送った小説がどのようなもので、どのようなストーリーを作ったのか気になる。

・彼の主張にはどのような真実の要素があるのか?彼らが盗んだと主張する小説とは?

・同情の余地はない、卑劣な奴だ。

・どんなに厳しい判決でも、私は司法制度を支持する。

・裁判はまだ続いているのか?

・今まで入院していたからね。

https://reddit.com/r/anime/comments/16am1e5/they_stole_my_novel_kyoto_animation_arson_suspect/
この記事を書いた人
ジェームズ

カナダ出身のホッケーマニア。大学の専攻は機械工学。蕎麦好き。

ジェームズをフォローする
国内
ジェームズをフォローする
更新情報
Good Vibes
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました