ロボットソムリエがワインをこぼした挙句、要求したもの

笑い話

チップを要求

ワインの名産地として知られるアメリカ西海岸のナパ・ヴァレーで、とあるライターが体験した面白話が話題になっています。ロボットがソムリエを務めるワイナリーにライターが訪れたところ、ロボットがズボンに赤ワインをこぼした挙句、チップを要求してきたそうだ。

ちなみにこのワイナリーのロボットは自動車工場にあるロボットと同様の類で、単なる客寄せのためのもので、ソムリエとして造られたわけでも、プログラミングをされたわけでもないらしい。「ソムリエ」を名乗っているが、ワインの知識もなければ、オススメしてくることもないそうだ。

日本では一般的ではないチップ

チップの習慣は複数の文化的要素によって形成されました。まず、アメリカのレストラン文化が大きな影響を与えました。19世紀後半から20世紀初頭にかけて、アメリカの飲食店ではサービス業者への報酬としてチップが一般化しました。これは、当時のサービス業者の賃金が低かったことや、一部のサービス業者が賄賂を受け取る慣習から生まれました。

一方、ヨーロッパの貴族文化もチップ文化の形成に影響を与えました。貴族階級がサービスを受ける際に、サーバーや使用人に対して金銭を与えることが一般的であり、この慣習が後に広まりました。

さらに、チップ(tip)という言葉自体は、英語のスラングとして起源を持ちます。”To tip”は「軽く触れる」や「軽く打つ」という意味であり、これがサービス業者に金銭を渡す行為と結びついて「チップ」という意味が生まれました。

チップ文化はまた、社会的な変化や労働者の権利に関する議論とも関連しています。労働者が適切な賃金を受け取れない場合や、特定のサービスが賄賂に頼らざるを得ない状況下で、チップが一種の報酬制度として機能することがあります。

海外の反応は?

最後に海外の反応を見てみよう。

・最近のロボットは…とてもリアルだ。

・ロボットがチップを貰って何をするんだ?

・なぜロボットにチップを?

・とにかくチップは必要だ。

・私たちは社会として、ノーと言うことを学ばなければならないと思う。

・殺人ロボットはこうして生まれる。

・飲み物をこぼさなかったとしても、チップは渡さない。

・なぜロボットはチップを要求するのか?ロボットにはお金、賃金、チップの概念がない。

・チップを要求するロボットのあつかましさ。

・どんなことがあってもロボットにチップを渡すことはない。

https://reddit.com/r/nottheonion/comments/1at22po/a_robot_sommelier_spilled_wine_on_my_pants_then/
この記事を書いた人
ジェームズ

カナダ出身のホッケーマニア。大学の専攻は機械工学。蕎麦好き。

ジェームズをフォローする
笑い話
ジェームズをフォローする
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました