ロシアが宇宙に核兵器配備か

国際

人工衛星が標的

ホワイトハウスでは2月14日、ロシアの謎の宇宙兵器のニュースで騒然となった。下院情報委員会のマイク・ターナー委員長は、ホワイトハウスに対し、「国家安全保障上の重大な脅威」に関する情報の機密指定を解除するよう求めた。アメリカの放送局や新聞社によれば、それはロシアの宇宙関連核システムに関するもので、まだ配備されておらず、アメリカや同盟国の衛星を危険にさらす可能性があるという。

アメリカの人工衛星は、毎時数十億バイトのデータを送信し、アメリカの民間通信、ナビゲーション、軍事作戦、情報収集の重要なバックボーンとなっている。

ある側近は、機密事項のため匿名を条件に、ロシアの兵器が核能力を持つかどうかはまだ明らかではないとしながらも、それが懸念されると述べた。

ロシアと核開発

ロシアの核開発の歴史は、20世紀初頭から現代に至るまで、世界の安全保障における重要な一部でした。1949年に最初の原子爆弾実験を成功させ、その後1953年には水素爆弾の実験も行い、ソビエト連邦は核保有国としての地位を確立しました。冷戦時代には、アメリカとの核開発競争が続き、両国は相互確証破壊(MAD)の理論の下、核戦争の恐怖に晒されました。

1991年のソビエト連邦の崩壊後、ロシアは核兵器の管理を継承し、独立国家としての地位を確立しました。アメリカとの核軍縮協定に署名し、核兵器の削減に取り組む一方で、ロシアは依然として核開発と現代化に力を注いでいます。

ロシアは核兵器を国家の安全保障政策の中心に据え、外交政策や国際関係において重要な役割を果たしています。核開発は技術的な挑戦だけでなく、国際関係における緊張や安全保障政策の形成にも影響を与えています。現代のロシアは、世界で最も大きな核兵器保有国の一つとして、その地位を維持し続けています。

海外の反応は?

最後に海外の反応を見てみよう。

・プーチンは、窮地に追い込まれれば、平和的共存よりも人類滅亡を選ぶような人間だ。まさにモンスターだ。

・トランプも再選されれば彼を助けるだろう。

・北米上空で爆発が起きれば、大きな被害が出るだろう。

・ロシアが初めて人工衛星を宇宙に打ち上げたとき、私たちの祖父母はこんな気持ちになっただろうか?

・だからアメリカは夜も眠れないのだ。ロシアや中国のような国々が、一人の妄信的な男が責任者となって愚かなことをしようとしているのだから。

・冷戦時代には試さなかったのだろうか?

・親愛なるアメリカ宇宙軍、君の出番だ。

・これは宇宙で許されることなのだろうか?条約や協定はないのか?

・まるでガンダムのような話だ。

・これはロシアのスター・ウォーズなのか?

https://reddit.com/r/worldnews/comments/1aqzoqh/abc_news_alleged_serious_threat_to_us_national/
この記事を書いた人
ジェームズ

カナダ出身のホッケーマニア。大学の専攻は機械工学。蕎麦好き。

ジェームズをフォローする
国際海外の反応
ジェームズをフォローする
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました