ベラルーシ大統領がプーチン氏と会談後に緊急搬送か | Good Vibes
人気記事

ベラルーシ大統領がプーチン氏と会談後に緊急搬送か

国際
更新情報

危篤状態で輸送不可能

一部欧州メディアによると、ベラルーシのルカシェンコ大統領が、ロシアのプーチン大統領との非公開会談後に病院に運ばれ、篤状態に陥っていると報じられている。

モスクワの病院に搬送され、危篤状態にあるルカシェンコ氏に、血液の浄化処置が行われた。危篤状態のため輸送不可能と判断された。ベラルーシ政府は、大統領の健康状態に関する憶測が飛び交う中、口を閉ざしたままだ。病気の内容に関する声明もまだ発表していない。このため、ルカシェンコ大統領はロシアの諜報機関によって毒殺されたのではないかという陰謀論がさらに強まっている。

独裁者ルカシェンコ

アレクサンドル・ルカシェンコ(Alexander Lukashenko)は、1994年からベラルーシの大統領を務めています。彼は長期にわたって権力を握り続けている、いわば独裁者です。

大統領就任後、ルカシェンコは自身を「バトゥカ」(父親)と呼ばれるカリスマ的指導者として位置づけ、政府の中央集権化を進めました。

ルカシェンコ政権は、強力な大統領制と集権的な政治システムを特徴としています。彼は独立したメディアや政治的な対立勢力を抑圧し、自由な表現や政治活動を制限してきました。さらに、彼の政権は選挙の不正や人権侵害の報告も受けており、国内外からの批判を受けています。

2020年のベラルーシ大統領選挙では、ルカシェンコの対立候補に対する不正疑惑が浮上し、抗議運動が発生しました。ルカシェンコ政権はこれらの抗議を弾圧し、抗議参加者に対する暴力行為や逮捕を行いました。これに対して国内外からの非難が高まりました。

海外の反応は?

最後に海外の反応を見てみよう。

・ベラルーシが併合される?

・また放射能汚染茶?

・重金属中毒?

・もう独裁者は死んでしまえ。

・「窓から落ちた」の婉曲的な表現?

・プーチンとのティータイムを省くべきだった。

・ルカシェンコへのメモ:プーチンとのティータイムは絶対に受け入れない。

・ロシアには、もっと忠実な新しい傀儡がいるのだろう。

・相棒のプーチンを怒らせたのだろう。

・ロシアが新しい州を獲得する前段階なのか?

https://reddit.com/r/worldnews/comments/13gtqlt/belarusian_media_lukashenko_taken_to_hospital/
この記事を書いた人
ジェームズ

カナダ出身のホッケーマニア。大学の専攻は機械工学。蕎麦好き。

ジェームズをフォローする
国際
ジェームズをフォローする
更新情報
Good Vibes
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました