スポンサーリンク
人気記事

ツイッターが社員の半数をリストラしておいて、復職を要請

ビジネス
更新情報
スポンサーリンク

急な人員削減で現場は混乱

イーロン・マスク氏に買収されたツイッターだが、その船出は前途多難だ。イーロン・マスク氏による従業員の大量解雇が11月4日から始まった。約3700人がクビになったのだが、従業員の半数を突然減らして、大丈夫なはずがない。その証拠に、ブルームバーグによると、ツイッター社が解雇した従業員たちに復職を要請したそうだ。

どうやらリストラを急ぐあまり、新体制に必要な人材までも解雇していたようだ。突然クビになり、「やっぱり必要だから、戻ってこい」と言われた方の身はたまったものではない。

海外の反応は?

最後に海外の反応をチェック。皆さんが当事者ならどうしますか?ちなみに解雇された社員全員に、法定の1.5倍にあたる3か月分の退職金が支払われる約束だったそうです。

・ハハハ、滅茶苦茶だね。

・私だったら、戻って、出来る限り滅茶苦茶にする。

・最初の週にクビにしておいて、これか?

・なんて有能な経営陣なんだ。

・みんなが団結して、昇給を求めるかどうか見ものだ。

・俺なら絶対戻らない。

・先週よりも1.5倍の給料なら・・・。

・給与アップは求めるべきだね。

・元従業員たちには戻らないで欲しい。ツイッターが無い方が、世界が良い場所になる。

・ツイッターの従業員たちが組合を作るのに最適なタイミング。

https://reddit.com/r/news/comments/yo5rlx/twitter_asks_some_laid_off_workers_to_come_back/
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ジェームズ

カナダ出身のホッケーマニア。大学の専攻は機械工学。蕎麦好き。

ジェームズをフォローする
ビジネス
ジェームズをフォローする
更新情報
Good Vibes
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました