コロナか判定してくれる日本のマスクに海外が注目!

テクノロジー

マスク大国が開発した光るマスク

紫外線を発するブラックライトで照らすと、新型コロナウイルスの付着した箇所が光るマスクを京都府立大の塚本康浩学長(52)のチームが開発しました。マスク内部のダチョウの抗体がウイルスに反応して光を放ちます。抗体はウイルスと結合し、毒性を発揮できないようにするタンパク質。ダチョウはさまざまな種類の抗体を作る能力が高いことから塚本学長はこのアイデアを思い付いたそうです。今後、実用化に向けて研究を進め、国の承認を得て来年にも販売する意向です。

コロナに感染しているか簡単に判定してくれる術があったらいいなと誰もが一度は思ったことがあるはず。最近では、街中にあるPCR検査場や抗原キットがかなり一般的になっていました。特にビジネスで出張に行く方やお年寄りの家族に会うために帰省する方々の需要は高く、行列ができることも珍しくありません。このマスクが実用化されたら大ヒット間違いなし?!

最後に海外からの反応を見てみましょう。

・素晴らしいアイデアだと思う。

・私のお金を受け取ってくれ。

・これが普通に手に入るようになったら、イタズラ動画が流行るだろうな。

・あいつ、光ってるぞ!

・これは大きい。

・在庫をすべて貰おう。

・みんながマスクを着用しなかったら意味がないよな。

・日本は何年も前から使い捨てマスクを使ってきた。パンデミック以上は多くのイノベーションが起き、ユニクロマスク・透明なプラスチックのマスク・換気口付きマスク・そして今回はこれ。

https://reddit.com/r/UpliftingNews/comments/rbq0me/japanese_scientists_develop_glowing_masks_to/
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました