ガソリン車を廃止するカリフォルニア州がEV充電を制限

国際

記録的熱波で電力需要がひっ迫

カリフォルニア州が住民に対して電気自動車の充電を午後4時から午後9時に行わないように要請した。記録的な猛暑がアメリカ西部を襲い、冷房使用が増え、電力需要がひっ迫。猛暑による停電を避けるための呼びかけは、日本でも行われてきたので、珍しいことではないのだが・・・。

実は先週、カリフォルニア州は2035年までにガソリン車の販売を禁止したばかりだった。電気自動車やその他のゼロ・エミッション車を普及させるという方針をカリフォルニア州は承認し、アメリカの自動車事情を根底から覆す動きを見せていただけに、なんとも皮肉な呼びかけとなった。

海外の反応は?

最後に海外の反応を見てみよう。

・すべての車が電気自動車だったらと思うと・・・。

・なんて皮肉なんだ。

・送電網への負荷を軽減するため、ピーク時以外の時間帯に充電するよう指導か・・・。

・夜勤で日中に充電しないといけない人たちが気の毒。

・充電するのに1時間かかる。このテクノロジーはまだまだのレベル。

・ソーラーパネルの事業でもやるかな。

・カリフォルニアの政治よ・・・。

・車に乗るな。

・5年後はどうなっているの?電気自動車に乗れと州政府は言うけど、電気を増やす政策がない。

・カリフォルニアは現実を無視して、夢を見るのが得意。

https://reddit.com/r/nottheonion/comments/x2l1lu/california_asks_residents_not_to_charge_electric/
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました