イェール大・成田悠輔氏の「集団自殺」発言が海外で炎上 | Good Vibes
人気記事

イェール大・成田悠輔氏の「集団自殺」発言が海外で炎上

国内
更新情報

NYタイムズなどが取り上げる

事の発端は、イェール大・成田悠輔氏が、2021年12月に放送されたネットニュース番組で少子高齢化問題について訊かれた際に、成田氏が「高齢者は老害化する前に集団自決、集団切腹みたいなことをすればいい」と、発言したことだった。

2月になり、それが海外で報じられ、ニューヨークタイムズやデイリー・ミラーといった名立たるメディアでも取り上げられた。成田氏はタイムズ紙に対し、自分の発言は「切り取られたもの」であり、「反省して、去年からこの言葉を使うのをやめた」と付け加えた。

「安楽死は(自発的、非自発的を問わず)複雑で微妙な問題だ」とも述べている。

海外の反応は?

最後に海外の反応を見てみよう。

・「ソシオパス」という言葉を使わずに、自分がソシオパスであることを丁寧に伝える方法。

・いい人そう。

・イェールを卒業したことを誇りに思う。

・日本が嫌いになりました。

・彼は本当に若者の味方ですね…アジアでは。

・人命の価値を全く無視する姿勢。

・「あなたが先よ」と伝えて。

・最近、映画か何かでやってなかった?

・大胆な戦略だ。うまくいけばいいんだけどね。

・これはオーソドックスなマクロ経済学の基本的な理論。

https://reddit.com/r/nottheonion/comments/111qq39/yale_professor_tells_japanese_senior_citizens_to/
この記事を書いた人
ジェームズ

カナダ出身のホッケーマニア。大学の専攻は機械工学。蕎麦好き。

ジェームズをフォローする
国内
ジェームズをフォローする
更新情報
Good Vibes
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました