アメリカのスーパーに弾薬の自販機登場

広告
更新情報
更新情報
国際
広告

24時間手に入る

オクラホマ州とアラバマ州のいくつかの食料品店内に、自動弾薬販売機が設置されました。これらの販売機はAmerican Roundsによって開発され、24時間利用可能で、店員とのやり取りなしに弾薬を購入できるように設計されています。販売機は最新のAI技術を搭載しており、カードスキャンと顔認識ソフトウェアを使用して購入者の身元と年齢を確認します。弾薬の購入には21歳以上である必要があり、州ごとの規制に従ってトランザクションデータが記録されます。販売機は拳銃、ライフル、ショットガンの弾薬を提供しており、売り上げは好調で、利用者からも好評です。設置場所はオクラホマ州のキングストン、リンゼイ、ノーブル、ウェトゥムカなどに広がっており、他の州への拡大も予定されています。


アメリカの銃販売

アメリカで銃を購入する方法について説明します。銃の購入には、州によって異なる規制や手続きがありますが、一般的な流れを以下に紹介します。

まず、銃を購入する前に、購入者は年齢制限を満たしている必要があります。通常、ライフルやショットガンの購入は18歳以上、ハンドガンの購入は21歳以上が必要です。

次に、購入者は信頼できる銃器販売店を選びます。銃器販売店には、ライセンスを取得している正規の販売店があり、ここで銃を購入することが推奨されます。オンラインでの購入も可能ですが、受け取りは対面で行われる必要があります。

銃器販売店で購入を希望する銃を選んだら、購入者はATF(アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局)が提供するフォーム4473を記入します。このフォームには、購入者の個人情報や犯罪歴、薬物使用歴などが記載されます。これにより、購入者が銃を所持する資格があるかどうかの確認が行われます。

フォーム4473の提出後、販売店はNICS(国家即時犯罪背景調査システム)を通じてバックグラウンドチェックを行います。このプロセスでは、購入者が犯罪歴やその他の問題を抱えていないかを確認します。通常、このチェックは数分から数日で完了しますが、場合によってはさらに時間がかかることもあります。

バックグラウンドチェックが完了し、問題がなければ、購入者は銃を受け取ることができます。一部の州では、銃の購入後に一定の待機期間が設けられている場合があります。この期間は、購入者が衝動的な行動を控えるためのものです。

また、州によっては、銃の購入に際して追加のライセンスや許可証が必要な場合があります。たとえば、カリフォルニア州では、ハンドガンの購入にはハンドガン安全証明書が必要です。

海外の反応は?

最後に海外の反応を見てみよう。

・これで、反社会的な人たちが弾薬を購入できるようになるね。

・タバコの自販機を思い出す。これの方がひどい。

・銃乱射事件の犯人が襲撃中にリロードするための良い方法だね。

・この国はどんどん馬鹿になっていくな。

・タバコの自販機を復活させるべきだね。

・ビールの自販機も必要だね。

・オクラホマで最近、男が食料品店で射撃事件を起こしたばかりじゃなかった?

・人口の急激な減少が起こるだろうね。誰が気にするって?

・この国はどんどん愚かになっていくな。悲劇だ。

・また学校で銃乱射事件が起こるのも時間の問題だろう。

https://reddit.com/r/NewsOfTheStupid/comments/1dxgwjj/ammo_vending_machines_installed_in_oklahoma/
広告
広告
この記事を書いた人
ジェームズ

カナダ出身のホッケーマニア。大学の専攻は機械工学。蕎麦好き。

ジェームズをフォローする
国際
SNSフォローボタン
ジェームズをフォローする
ジェームズをフォローする
更新情報
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました