アメリカでとんでもない同乗者を乗せた車が警官に停められる

笑い話

屋根をぶちぬいた改造車に牛

ネブラスカ州・オマハの北西約120マイルに位置するノーフォークの警察官は、午前10時5分(米東部標準時)、「牛を乗せた車が町を走っている」との通報を受けて出動した。

警察はこのウシの乗客は小さな子牛だろうと考えていたが、ウェスト・ノーフォーク・アベニューとノース13番街の角付近で彼らが遭遇したのは、1996年型フォード・クラウンビクトリアにフルサイズの雄牛だった。

助手席側の車の屋根は、動物が乗れるように取り外されていた。牛の重量は2200ポンド(約1トン)あった。飼い主は牛の重量に耐えられるように1996年型フォード・クラウン・ヴィクトリアのフレームとサスペンションを補強していた。警官は違反切符は切らずに、家に戻るように飼い主に命令した。

ネブラスカってどんなところ?

ネブラスカ州はアメリカの中西部で重要な州の一つであり、農業、教育、観光などさまざまな分野で活気のある地域です。

面積と人口: ネブラスカ州は、面積でアメリカ合衆国内で16番目に広い州であり、2020年の国勢調査によれば、人口は約1,945,022人でした。州都はリンカーン(Lincoln)で、最大の都市はオマハ(Omaha)です。

地理: ネブラスカ州は大平原地帯に位置し、農業が盛んな州として知られています。州の西部にはロッキー山脈の影響が少なく、東部は肥沃な農地が広がっています。ミズーリ川が州の東端を流れ、プラット川が州を東西に横断しています。

経済: ネブラスカ州の経済は農業が中心で、特にトウモロコシ、大豆、家畜飼育が盛んです。また、オマハは金融業やビジネスが発展しており、州内には多くの大手企業が本社を構えています。 大学と教育: ネブラスカ州にはいくつかの大学があり、その中でもネブラスカ大学リンカーン校(University of Nebraska-Lincoln)が最も知名度が高いです。教育が重要な役割を果たしており、州内外から学生が集まります。

観光: ネブラスカ州には観光名所もあります。例えば、カーニーにあるカーニー動物園(Kearney Zoo)、オマハ動物園(Omaha’s Henry Doorly Zoo and Aquarium)、スコッツブラフにあるシマロンカニオン(Scotts Bluff National Monument)などがあります。また、ネブラスカ州は大自然や野生動物を楽しむための機会も提供しています。

海外の反応は?

最後に海外の反応を見てみよう。

・牛の角は今まで見た中で一番印象的だった。

・アメリカは決して退屈しない。

・後部座席は糞まみれ。

・車内が臭くなる。

・シートベルトをしていなかった。

・牛はただ車に乗って街に行きたかっただけなんだ!

・牛はとても冷静だ(笑)

・ネブラスカ州警察は何でも停める。

・どうしてこんなことになるんだ?

・大物だ。

https://reddit.com/r/ThatsInsane/comments/166awo0/nebraska_police_pull_over_man_with_a_bull_riding/
この記事を書いた人
ジェームズ

カナダ出身のホッケーマニア。大学の専攻は機械工学。蕎麦好き。

ジェームズをフォローする
笑い話
ジェームズをフォローする
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました