かつて日本で発売されたハンバーガーに本場が震撼

笑い話

Windows 7発売記念バーガー

今ではマイクロソフトのサポートが終了してしまっているWindows 7。(OSの延長サポートは、Windows 7は2020年1月14日で終了済み)その発売を記念して、かつてに日本のバーガーキングで発売された「Windows 7発売記念バーガー」の写真が米掲示板Redditに投稿された。

全米をも震撼させたこのハンバーガーは、「Windows 7 WHOPPER」(ウィンドウズセブンワッパー)。Windows 7発売初日の2009年10月22日から10月28日まで、各店舗1日30名まで777円で発売されていた。ちなみに31人目以降は、定価の1450円で販売されていたそうだ。バーガーキングの看板メニュー「ワッパー」のパテを7枚に増やしたスペシャルバーガー。日本人でこれを平らげられる人は中々いなかっただろう。

日本におけるバーガーキングの運営は、なかなか複雑な歴史がある。数年ごとに運営会社が変わり、2001~2006年は日本から撤退していた。2007年は日本再上陸を果たし、話題作りの為にこのようなハンバーガーを発売した。

海外のユーザーからは「待て、今はWindows 11だぞ」、「手に入る間にSamsung S21バーガーを」、「チーズがないのが駄目」、「ちょっと食べてみたい」、「バーガーキングがどうしてチーズをのせないのか理解できん」、「いくらだったのだろう。日本では肉が高い」、などの声が寄せられた。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました