ある日本の勤務医の過労自殺 | Good Vibes
人気記事

ある日本の勤務医の過労自殺

国内
更新情報

遺族が悲痛な訴え

昨年自殺した26歳の医師の遺族は、毎月200時間以上の残業が苦しめたと主張し、長年日本を苦しめてきた過重労働文化の変革を訴えた。

会見を開いたのは、去年5月に自殺した高島晨伍さん(当時26)の母親と兄。遺族の弁護団によれば、高島さんは4月の1ヶ月間で207時間以上の残業を強いられ、3ヶ月間1日も休めなかった。西宮労働基準監督署が、極度の長時間労働が原因だとして、6月に労災認定した。

英語になったkaroshi

過労死(かろうし、Karoushi)は、労働者が過度な労働やストレスによって体調が悪化し、最終的に死亡する状態を指す言葉です。これは、日本を中心に広く知られている用語であり、労働条件や労働環境の問題に起因することが多いです。過労死は、身体的、精神的な健康への悪影響が蓄積して、心臓病、脳卒中、自律神経失調症、うつ病など、さまざまな病状を引き起こす可能性があります。

過労死が問題とされるようになった背景には、労働者の過重な労働時間や過度なストレス、長時間の残業、休日出勤の増加などが関与しています。特に日本では、長時間労働が一般的であり、企業文化や社会的な圧力によって、労働者が過度に働かざるを得ない状況が生まれてきました。こうした状況が過労死を引き起こす要因となっています。

過労死の問題を解決するために、労働時間の制限や適切な休暇の取得を奨励する政策が提唱されています。また、企業や労働者の意識改革も重要であり、労働環境の改善や労働時間の適切な調整が求められています。

過労死に対する法的な規制も国によって異なりますが、多くの国で労働基準法や労働安全衛生法などが過労死を防ぐための規定を含んでいます。また、過労死の被害者やその家族は、企業に対して損害賠償を求める訴訟を起こすこともあります。

過労死は労働者の健康と生命を脅かす重要な社会問題であり、適切な対策や意識改革が求められています。

海外の反応は?

最後に海外の反応をチェック。

・日本へようこそ。

・日本経済は、従業員をとんでもないレベルで酷使することで有名ではないか。

・日本では若者が死に続けている。

・日本は人口が減少している。

・銀行で働いていたとき、2カ月間休みなしで働いた時期があった。 週65時間や75時間というのは、たまにならできるけれど、5週間連続となるとただのゾンビになってしまう。

・月に200時間も残業するなんて想像できない。

・これはアジア諸国では一般的なこと。私は9時から23時までの銀行で働いていたが、日曜日も働く必要があった。

・研修医は、ウェンディーズで働く人よりも時給が低く、看護師よりも年収が低い。日本だけでなく、ここアメリカでも同様だ。

・医者+日本人=地獄のような仕事。

・とても悲しい。医者は長時間労働だ。私の産科医は午前中の分娩のために病院で寝ると言っていたのを覚えている。実際に仕事中に寝ている医者もいるんじゃないかな。

https://reddit.com/r/worldnews/comments/160mw3i/japanese_family_says_young_doctor_took_his_life/
この記事を書いた人
Miki

趣味は読書。丸の内OL。猫が好き。

Mikiをフォローする
国内
Mikiをフォローする
更新情報
Good Vibes
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました