NASAと日本が世界初の木製衛星打ち上げへ

サイエンス

スペースデブリ対策

スペースデブリ対策のため、NASAと日本は初の木製衛星を打ち上げる。日本とアメリカは、この夏、世界初の木製衛星「LignoSat1号機」を宇宙に送り出す準備を進めている。安定性と割れにくさで有名なホオノキの木で作られたこの革新的な宇宙船は、日本の科学者とアメリカの科学者の共同事業。

深刻化するスペースデブリ(宇宙ゴミ)の問題に対処することを目的とした画期的な取り組みとして、京都大学の研究者たちが住友林業と協力してこの木材人工衛星を建設した。彼らの独創的なソリューションは、従来の金属部品を生分解性材料に置き換えたものだ。

木材のような生分解性素材を使用することで、現在すべての人工衛星が製造されている金属に代わる環境に優しい素材となり得るかどうかを検証することを目的としている。

京都大学の研究者たちは、木材の種類を評価するプロジェクトを立ち上げ、宇宙での打ち上げや地球周回軌道での長時間の飛行の厳しさにどれだけ耐えられるかを調べた。最初のテストは宇宙空間を再現した実験室で行われ、木材サンプルは質量に測定可能な変化や腐敗・損傷の兆候は見られなかった。

NASAとは?

NASA(National Aeronautics and Space Administration)は、アメリカ合衆国政府が1958年に設立した、宇宙探査・航空技術開発の中核的機関です。その使命は、宇宙の探査や科学研究、航空技術の進化、そして宇宙探査の促進です。NASAは数々の偉業を成し遂げてきました。例えば、人類初の月面着陸(アポロ計画)、国際宇宙ステーション(ISS)の建設・運用、火星探査ローバーやボイジャー探査機などの送信、地球観測衛星による地球環境のモニタリングなどがあります。

NASAは常に新たな技術や発見に挑戦し、人類の宇宙探査と科学研究の進歩に寄与しています。

海外の反応は?

最後に海外の反応を見てみよう。

・これは非常に日本的なことだ。

・落ち着け、日本。その映画を見たことがある。

・これは『エイリアン3』の真の脚本の始まりなのだろうか?

・エポキシ樹脂で組み立てているのか、それとも日本の複雑なジグソーパズルのようなものなのか……。

・研究室でテストしたと書いてあるのは知っているが、宇宙でシミュレーションのようにうまくいくとは思えない。

・宇宙シロアリに気をつけよう。

・衛星を打ち上げない方が、宇宙汚染対策として効果的なのでは?

・これでどうやって宇宙汚染と戦うつもりなんだ?宇宙空間には空気もないし、凍って乾燥するだけだろうから、地球上のように木材が分解されるわけでもないだろうし…。

・木材は宇宙で最も希少な素材なのに、おかしな話だ。

・まあ、木製の人工衛星でも何でも、木で作るなら日本人しかいない。だから、すべてうまくいくと思う。

https://reddit.com/r/nottheonion/comments/1ats2nr/japan_to_launch_worlds_first_wooden_satellite_to/
この記事を書いた人
ジェームズ

カナダ出身のホッケーマニア。大学の専攻は機械工学。蕎麦好き。

ジェームズをフォローする
サイエンス海外の反応
ジェームズをフォローする
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました