60年代のアメリカの給食センター | Good Vibes
人気記事

60年代のアメリカの給食センター

話題の動画
更新情報

素手で作る給食のおばちゃん達

皆さんは給食好きでしたか?私の地元(カナダ)は高校時代はカフェテリアがありましたが、基本はお弁当持参でしたので給食に憧れがあります。

さて、今日ご紹介するのは60年代のアメリカの給食センターの様子です。

現在では悪名高いアメリカの給食ですが、それほど悪くないように見えますね。もちろん、日本の給食には見劣りしますが。

Lunch lady’s preparing lunch in the 60s
byu/ProfessionalAd2390 inDamnthatsinteresting

アメリカの給食はどうして評判が悪いのか

アメリカの学校給食が評判が悪い主な理由は複数の要因に起因しています。一つの主な課題は、栄養バランスが不足し、ジャンクフードや加工食品で占められていることです。これにより、学生たちの健康に対する懸念が広がり、栄養価の低い食品が提供されているとの批判が高まりました。

また、一部の学校や地域では、食材の品質が低いと感じられることがあり、これは予算制約や業者の選定に起因する問題が影響しています。給食プログラムは予算制約に直面しており、これが食材や調理方法に影響を与え、評判の低下につながっています。

食品アレルギー対応の不足も一因です。アレルギーを抱える生徒に対する適切な対応が不十分であると感じる保護者や生徒がいることが指摘されています。アレルギー情報の把握や代替メニューの提供が適切でない場合、生徒の健康に危険を及ぼす可能性があります。

さらに、学校給食に対する政治的な要因も影響を与えています。政府の栄養基準や予算に関する決定が、学校給食の内容や品質に直接影響を与えることがあり、これが評判の低下につながることがあります。

近年では、これらの問題に対する改善策が進んでおり、地元の農産物の導入やヘルシーなオプションの提供などが行われています。しかし、評判改善には時間がかかることも考慮され、学生たちの健康を最優先にするために継続的な努力が求められています。

海外の反応は?

最後に海外の反応を見てみよう。

・とても愛情深く準備されている。

・食べ物はとにかく新鮮に見える。加工も保存料も少なく、丁寧に作られている。

・愛と気遣いとプライドがある。

・なんてかわいい子供たちなんだろう。出来立てのお弁当を楽しんでくれるといいな。

・これはとても美味しそうだ!

・子供たちに与える食事に気を遣っているようだ。 個々にパックされた品々…。この給食にはたくさんの気遣いがある。今、政治家たちは、子供たちの給食費を削減しようとしている……。

・この弁当を食べた子供たちは、自分の子供たちから弁当を取り上げた。

・これ以上、教育予算を削減しないでほしい。

・魂があった時代。

・報酬に見合ったライフワークバランスが合った時代。

https://reddit.com/r/Damnthatsinteresting/comments/1ahlx6l/lunch_ladys_preparing_lunch_in_the_60s/
この記事を書いた人
ジェームズ

カナダ出身のホッケーマニア。大学の専攻は機械工学。蕎麦好き。

ジェームズをフォローする
話題の動画
ジェームズをフォローする
更新情報
Good Vibes
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました