米検察がバイデン大統領の記憶力に問題あると証言 | Good Vibes
人気記事

米検察がバイデン大統領の記憶力に問題あると証言

国際
更新情報

機密文書問題での証言

ジョー・バイデン大統領の年齢と記憶力に関する長年の懸念は、彼の機密文書所持を調査していた特別顧問の報告書が公表された後、木曜日に強まった。特別検察官はバイデン氏を訴追しないことにしたが、その理由について特別検察官が、バイデン氏の記憶力の弱さから立証が難しいなどと証言した。

検察が提出した報告書には、81歳のバイデンの記憶力について、”ぼんやり”、”あいまい”、”欠陥”、”貧弱”、”重大な制限 “があると表現した。報告書は、バイデンが息子のボーが死んだ時や副大統領を務めた時など、彼自身の人生における決定的な出来事を思い出せないと指摘した。

バイデンが機密文書の取り扱いミスで告発されることはないだろうが、彼の記憶力に関する報告書の主張は、今年の大統領選挙に大きな影響を与えそうだ。

痴呆症とは?

痴呆症は、認知機能の低下や記憶障害、判断力の低下などを特徴とする疾患であり、高齢者によく見られますが、若年性痴呆と呼ばれる若い年齢で発症する場合もあります。最も一般的な痴呆症の形態はアルツハイマー病ですが、他にも脳血管性痴呆やレビー小体型認知症など、さまざまな原因が考えられます。

痴呆症の主な症状には、次のようなものがあります。まず、記憶障害が挙げられます。特に新しい情報の記憶が困難になることがあります。また、認知機能の低下も顕著であり、判断力や問題解決能力、言語能力の低下がみられることがあります。さらに、感情や行動にも影響が及び、興奮や抑うつ、不安などの感情の変化が見られることがあります。日常生活における自己管理の困難も特徴的であり、食事や入浴、着替えなどの日常生活動作が難しくなることがあります。

痴呆症は進行性の疾患であり、徐々に症状が悪化していきます。しかし、早期に発見され、適切なサポートや治療を受けることで、症状の進行を遅らせたり、症状の管理や生活の質の向上が図れる場合があります。診断や治療には、医師の専門的な支援が不可欠です。また、患者や家族がサポートを受けられるよう、精神的な支援や情報提供も重要です。経済的な負担やケアの負担も考慮する必要がありますが、痴呆症の患者や家族が適切な支援を受けることで、生活の質を向上させることが可能です。

海外の反応は?

最後に海外の反応を見てみよう。

・これは本当に不愉快だ。 バイデンはあまりにも年を取りすぎている。 彼の周りには良いチームがいる。私はまだ彼に投票するつもりだけど、でも、なんてこった。

・バイデンは終わった。

・この際、アメリカはバーニー・サンダースに投票すべきだ。彼は政界で最後の正直者だと本当に信じている。

・まあ、今は悲しい気分だ。

・今年の大統領選は素晴らしい選択肢が並ぶ。

・これは本当にまずい。これでは再選のチャンスはない。

・私は32歳だが、祖母が亡くなった年を聞かれても3回は間違えるし、物忘れも多い。バイデンが高齢であることは分かるが、大統領としての仕事をこなせないとは思わない。

・世界最強の国が老人によって運営されているのは恥ずべきことだ。

・私はファシストよりも老人に運営されることを望むが、それは私だけかもしれない。

・老人のファシストでしょ。

https://reddit.com/r/politics/comments/1am60jx/special_counsel_says_biden_has_poor_memory_and/
この記事を書いた人
ジェームズ

カナダ出身のホッケーマニア。大学の専攻は機械工学。蕎麦好き。

ジェームズをフォローする
国際海外の反応
ジェームズをフォローする
更新情報
Good Vibes
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました