福原愛さんに長男連れ去り騒動 | Good Vibes
人気記事

福原愛さんに長男連れ去り騒動

国内
更新情報

元夫が日本で会見

卓球で2度の五輪メダリストに輝いた福原愛さんが、元夫の江宏傑氏から息子を誘拐したとして告発された。

江宏傑氏は、7月27日に日本外国特派員協会で、日本の裁判所が先週木曜日に福原に息子の引き渡しを求める判決を下した、と主張した。

2人は結婚5年後の2021年7月に離婚を申請し、福原氏と江氏は台湾にいる間に共同親権に合意したとされる。福原氏は2016年に女児、2019年に男児を出産していた。

台湾は、国際的な子供の連れ去りを禁止するハーグ条約に加盟していない。

ハーグ条約とは?

ハーグ条約には、異なる国籍を持つ親がいる子供の国際的な親権紛争を解決するための規定が含まれています。

この条約は1980年に採択され、国際的な親権紛争における子供の連れ去り(誘拐)を防止し、子供の早期返還と親権問題の解決を促進することを目的としています。

具体的に、この条約によれば、以下の条件が該当する場合には、子供の返還が求められます:

  1. 子供が居住していた国(通常は常住国)での親権者の同意なしに、他の国に連れ去られた場合。
  2. 連れ去られた国での子供の居住が定着してから一定の期間が経過していない場合。

これにより、子供を連れ去ることで国際的な親権紛争を回避し、子供の福祉と最善の利益を保護することが目指されています。この条約に署名した国々は、相手国から子供を返還する責任を負います。

ただし、ハーグ条約の適用は特定の条件を満たす国々に限られています。全ての国がこの条約に署名しているわけではないため、場合によっては国際的な親権紛争が解決されるのに時間がかかる場合もあります。また、一部の例外も存在し、子供の安全や心身の健康に対する深刻なリスクがある場合は、返還を阻止することもあります。

海外の反応は?

最後に海外の反応をチェック。

・共同親権が禁止されているなんて知らなかった。

・日本でも共同親権に関する法改正の構想が進行中だ。

・離婚して、週に3回娘たちと会っている友人がいる。それはプライベートな取り決め?

・親権を持たない親には面会交流の権利が与えられるが、親権を持つ親がそれを守らないことを選択した場合、それを強制することは難しい。残念ながら、面会交流権は共有親権とイコールではない。

・日本国籍の親によって子どもが日本に連れ戻され、それに伴って日本国籍でない親が連絡を取れなくなるという事件が何度も繰り返されていることを考えれば、日本国外での親権争いでも問題になることは目に見えている。

・人種や国籍だけで他人を判断し、それを理由に権利を制限するのは、本当に良くないことだ。

・ハーグ条約は非加盟国に住む人々に対して何らかの保護を与えているの?台湾はハーグ条約に加盟していない。

・卓球の試合で決着をつけることはできないのか?

・子供たちは十分に弾んでいない。

・ひどい話だが、この問題が変わるためには、残念ながら注目されるような事件が必要だと思う。

https://reddit.com/r/japan/comments/15bg0ct/in_japan_which_bans_dual_custody_a_table_tennis/
この記事を書いた人
Miki

趣味は読書。丸の内OL。猫が好き。

Mikiをフォローする
国内
Mikiをフォローする
更新情報
Good Vibes
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました