男子ハーフパイプで平野歩夢が悲願の金メダル!

スポーツ

3回目のランで大逆転!

北京オリンピックのスノーボード男子ハーフパイプ決勝が11日に行われ、平野歩夢が3回目のオリンピック挑戦で悲願の金メダルを獲得した。平野は3回目の試技で96点を出して逆転優勝。平野は3大会連続のメダル獲得となった。

1回目の試技1発目のエアで、超高難度のトリプルコーク1440を、五輪史上初めて成功させたが転倒。2回目はさらに難度を上げて、異次元な技の連発に会場も大盛り上がり。ところが平野の得点は91.75で2位。平野の2回目の得点は物議を醸した。あとがない平野は3回目の試技でも圧巻のランを見せた。2回目と3回目は構成が同じだったが、エアの高さを上げたために96点の得点。大逆転で金メダルを獲得した。

熱狂冷めやらぬ海外の反応を見てみよう。

・この男は本当に飛べる。

・2回目の平野の点数はおかしい。

・ジャッジは何を見ていたのだろうか?

・平野のラストランに一番ホッとしたのは彼ではなくジャッジに違いない。

・2回目のランで彼に89点をつけたジャッジは信じられない。

・正義が勝った。

・平野の滑りは本当に圧巻。2回目のランだけでも金メダルに値する。

・不可解なジャッジが続いている。

・5つのジャンプをすべて完璧に滑らかに着地。金メダルは当然。

・2回目で金のはずだった。あの瞬間、4人のジャッジは一時的にどうかしていた。

https://reddit.com/r/sports/comments/spp16k/ayumu_hirano_wins_the_gold_medal_in_the_mens/
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました