スポンサーリンク
人気記事

東京都がパートナーシップ制度を開始

国内
更新情報
スポンサーリンク

性的マイノリティのカップルに同等の公共サービス

東京都は11月1日から、性的マイノリティのカップルなどを対象にした「東京都パートナーシップ宣誓制度」を開始した。対象は都内在住・在勤の同性カップル。いまだに平等な同性婚を認めていない日本(G7で同性婚を認めていないのは日本だけ)では待望されていたムーブメントだ。東京都の小池百合子知事によると、先週の金曜日の時点で137組のカップルが証明書を申請している。

東京都のパートナーシップ宣誓制度を利用するカップルは、住宅や医療、福祉の面で、結婚しているカップルと同等に扱われる。だが、パートナーシップ制度は法律で定められている結婚とは違うため、養子縁組や相続は「夫婦」のような扱いを受けることができない。

海外の反応は?

最後に海外の反応をチェック。性的マイノリティの権利保障が進んでいる欧米からすると、日本はまだまだ遅れているが、今回の動きを歓迎する声が多く聞かれた。

・こういうニュースはいいね。

・憂鬱にさせないニュース。

・↑こんなに時間がかかったことは憂鬱にさせる。

・↑時間はかかったけど、最後には勝利した。

・正しい方向に進んでいる。本当に嬉しい。

・東京に引っ越すか。

・↑日本に移民として移り住むのは、かなり難しいよ。

・日本はここ数年、社会問題の面で21世紀に向けて実際に前進している。

・日本で人口が減っている理由かも。これは良いことなんだけどね。

・みんなにやりたいことをやらせればいい。そのほうがトラブルも少ない。

https://reddit.com/r/worldnews/comments/yj5a50/tokyo_begins_issuing_samesex_couple_certificates/
スポンサーリンク
この記事を書いた人
Miki

趣味は読書。丸の内OL。猫が好き。

Mikiをフォローする
国内
Mikiをフォローする
更新情報
Good Vibes
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました