日本企業が発表した7700万円の未来の乗り物

テクノロジー

日本のスタートアップ企業A.L.I.テクノロジーズが、10月26日に富士スピードウェイで「XTURISMO」を公開。エンジンと電動モーターの両方を搭載しており、1回の充電で最高時速100キロまで加速、航続時間は最大40分。価格は7700万円で同社は2022年中旬までに、200台を販売する予定。現在の法律では公道での使用が出来ないため、災害時に使用されることが想定されている。また、平時でもエンターテイメント利用できるため、これからどうやって普及していくかに注目だ。交通渋滞が大きな問題となっている東京で、ホバーバイクがその解決策になれるか。海外からは様々な声が寄せられました。

・良い面を見るとしたら、渋滞を気にしなくていい。

・スターウォーズが近い、私には感じる。

・落ち着け、危険だ。

・砂漠で大活躍しそう。

・ようやくでてきたか。

・ネット上でバスタブでこういうのを作っている奴がいたな。

・渋滞がないのはいいね。

・売り物にしては、ずいぶんと不安定そう。

・音はどれくらい出るの?

・海外にも輸送してくれる?

https://www.reddit.com/r/nextfuckinglevel/comments/qgd390/the_hoverbike_has_gone_on_sale_in_japan_yours_for/

■XTURISMO Limited Edition製品概要

製品名:XTURISMO Limited Edition

標準価格:7770万円(税込)

外径寸法:3.7m(L) x 2.4m(W) x 1.5m(H)

発売受付開始日:2021年10月26日(火)

出荷台数:200台(限定)

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました