日本の高齢者ドライバーの暴走が海外で話題に | Good Vibes
人気記事

日本の高齢者ドライバーの暴走が海外で話題に

国内
更新情報

SNS上で動画が拡散

超高齢社会の日本では、「高齢者ドライバーが道路を逆走した」「コンビニに突っ込んだ」というニュースを毎日のように耳にします。群馬県館林市内のタイヤ館店舗駐車場で、高齢者ドライバーの運転する車が暴走する様子を写した動画がSNS上で拡散され、海外でも話題になっていました。

地元紙によると、85歳男性が運転する軽乗用車が今回の暴走を起こしたようだが、男性の健康状態に関する情報は不明だ。従業員と見られる人たちが制止を試みるも、結局は計3台の車に衝突した。

高齢者ドライバー

高齢者ドライバーには交通安全を確保するための特別な配慮が必要です。高齢者ドライバーは一般的に65歳以上の人々を指し、年齢とともに身体的な健康や認知機能に変化が生じることがあります。そのため、運転においては特別な対策と注意が必要とされます。

高齢者ドライバーが交通安全を確保するためには、自己評価が重要。定期的に自分の運転能力を客観的に見つめ直し、運転に問題があると感じた場合は、専門家に相談し、適切な対応を検討しないといけない。また、視力と聴力のチェックも欠かせない。定期的な検査を受けることで、運転に必要な感覚が適切かどうかを確認できる。

さらに、認知機能の確認も大切だ。記憶力や注意力の低下など、認知に関連する問題がある場合、運転に支障が出る可能性がある。専門家の評価を受けることで、適切な判断をすることができる。

運転講習の受講も高齢者ドライバーにとって有益。最新の交通ルールや安全運転について学び、運転スキルを向上が望める。

定期的な健康チェックも有効だ。高齢者は体調に変化が生じることがよくありますので、健康状態を把握し、運転に支障が出るような場合は自制することが重要です。

近年では自動運転技術の進化も高齢者の交通安全に寄与している。自動運転車が普及することで、高齢者がより安全に運転を楽しむことが期待されている。

海外の反応は?

最後に海外の反応を見てみよう。それにしても車を押して止めようとした男性は無謀過ぎだ・・・。

・いったい何を考えていたんだ?

・なぜ認知機能が明らかに低下している高齢者に機械の操作を許可するのか。

・私たちは全員を監視することはできないし、彼らは頑固で頭が固いから、もう運転すべきではないと認めることはできない。

・ドライバーの年齢上限を義務付けるもう一つの理由。

・他の車の損害は誰が支払わなければならないのか?店か、パニックに陥った高齢ドライバーか?

・彼は走行中の車を止めようとしたのか?

・あの男が車を押して止まらなかったのが不思議だ。

・お前はスーパーマンじゃない。

・運転免許を剥奪しろ。

・それは認知症というものだよ。

https://reddit.com/r/PublicFreakout/comments/154qbv2/elderly_driver_in_japan_panics_after_crashing_his/
この記事を書いた人
ジェームズ

カナダ出身のホッケーマニア。大学の専攻は機械工学。蕎麦好き。

ジェームズをフォローする
国内
ジェームズをフォローする
更新情報
Good Vibes
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました