日本が国策として半導体王国復活に賭ける

ビジネス

熊本の半導体バブルと北海道バレー

北海道は20日、半導体関連企業の集積が2033年度の道内総生産を1兆259億円押し上げるとの目標を発表した。20年度時点の道内総生産(19兆7256億円)の約5%にあたる。国産ベンチャーとして誕生したばかりのラピダス社は、2027年にゼロから最先端の2ナノメートル・ロジック・チップを千歳で量産しようとしている。

岸田文雄首相は、民間セクターの支援で最終的に10兆円に達する半導体産業への財政支援を目標としている。目標の中には、2030年までに国産チップの売上を3倍の15兆円以上にすることも含まれている。

熊本県では半導体受託製造の世界最大手「台湾積体電路製造」(TSMC)が進出。工場周辺は地価が高騰し、賃金が日本とは思えないほど上がるなど空前絶後の半導体バブルが起きている。千歳周辺でも熊本と同様の現象が起き、日本の地方活性化モデルとして注目されている。

半導体とは?

半導体は、電気の伝導度が金属と絶縁体の中間に位置する物質です。半導体素材は、その伝導度が温度や外部の電場によって変化するため、「半導体」と呼ばれています。

半導体は、現代の電子機器や電子回路において非常に重要な役割を果たしています。例えば、トランジスタやダイオードなどの電子部品は、半導体を基盤として作られています。これらの部品は、情報処理や電力制御、通信など、さまざまな用途で利用されています。

半導体の特性は、その結晶構造や不純物の添加によって調整することができます。これにより、特定の電気的性質を持つ半導体を製造することが可能です。例えば、シリコンやガリウムアーセニドなどの物質が広く利用されています。

半導体の発展は、情報技術や通信技術の進歩を支える重要な要素となっており、現代のデジタル社会において欠かせない存在です。

海外の反応は?

最後に海外の反応を見てみよう。

・日本が世界的な技術大国であることを、あまりにも多くの人々が見くびっている。

・多くの人は、技術に関しては消費者向けのものしか知らない。退屈なB2Bハードウェアのほとんどは、実は日本がリーダー的存在。

・軍事産業より良いお金の使い方。

・日本は再び半導体大国になるために必要なものをすべて持っている。

・賃金は第三世界レベルだから、少なくとも安い労働力はある。

・おそらく台湾より安くはないだろうが…。

・TMSCは2000年代に安い労働力を使って日本から多くのものを盗んだ。

・TMSCは今、熊本に製造工場を持っていないか?

・おそらく、少し前に半導体不足に陥った自動車メーカーからの圧力の結果だろう。

・Suicaが使えなくなったJRからは、もっとプレッシャーがかかるだろう。

https://reddit.com/r/japan/comments/1aw300q/japan_bets_67_billion_to_become_a_global_chip/
この記事を書いた人
ジェームズ

カナダ出身のホッケーマニア。大学の専攻は機械工学。蕎麦好き。

ジェームズをフォローする
ビジネス海外の反応
ジェームズをフォローする
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました