卵チャーハンを作った中国人シェフに国粋主義者憤慨 | Good Vibes
人気記事

卵チャーハンを作った中国人シェフに国粋主義者憤慨

笑い話
更新情報

シェフは二度と卵チャーハンを作らないと宣言

中国の有名シェフが毛沢東の息子、毛沢東安寧の命日に卵チャーハンのレシピ動画を投稿し、反発を受け、ネット上で謝罪した。

物議を醸した料理のチュートリアル 有名シェフの王剛は、11月27日に微博(ウェイボー)に卵チャーハンの作り方を紹介する動画を投稿した後、激しい批判とソーシャルメディアへの投稿禁止を求める声に直面した。 ウェイボーのフォロワーが330万人、ユーチューブの登録者が200万人を超える王氏は、1950年11月25日に朝鮮戦争中にアメリカの空爆で亡くなった毛沢東の息子である武官、毛岸英を侮辱していると中国の民族主義者から非難された。

ネット上の怒りは、朝鮮戦争中、毛岸英は避難を求められたが断り、卵チャーハンを作り始めたところ、調理の際に出た煙で敵軍に見つかり空爆されて亡くなったという説に起因している。

毛岸英とは

毛岸英(Mao Anying)は、中華人民共和国の初代国家主席である毛沢東の長男でした。毛岸英は1922年3月3日に生まれ、1971年11月25日に朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)との国境地帯での空爆で亡くなりました。

毛岸英は幼少期から父である毛沢東の影響を受け、中国共産党のメンバーとして政治的な経歴を歩みました。彼は軍人としても活動し、朝鮮戦争では中国人民志願軍の一部として参加しました。

毛岸英の死後、彼の妻であった謝静仪は中国共産党から離党し、毛沢東の文化大革命政策に対する反対の立場をとりました。毛岸英の死は毛沢東にとっても深い悲しみをもたらり、毛岸英の死後、毛沢東は国内外の出来事に対してより孤立化していくこととなりました。

海外の反応は?

最後に海外の反応を見てみよう。

・彼が悪いことをしたとは思えない。

・中国を怒らせないことってあるのかな?

・中国は5秒くらいは落ち着いてくれ。

・私は中国にいるが、知り合いは誰も気にしていない。 たぶん、ネット上での炎上だ。

・滑稽なほど愚かだ。

・9.11のたびにフライドポテトを作っているようなものだ。

・毎年6月4日に卵チャーハンのビデオを投稿する方が安全だし、文化的にも受け入れられるだろう。

・”公式には “起こらなかったことをほのめかしたとして、彼に腹を立てているということか?

・彼のチャーハンは絶品だった。 もし彼が二度とチャーハンを作らなくなったら、人類にとって恐ろしい痛手となるだろう。

https://reddit.com/r/nottheonion/comments/186s9nw/chinese_celebrity_chef_offends_china_with_egg/
この記事を書いた人
ジェームズ

カナダ出身のホッケーマニア。大学の専攻は機械工学。蕎麦好き。

ジェームズをフォローする
笑い話
ジェームズをフォローする
更新情報
Good Vibes
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました