冬眠から目覚めた直後のクマ | Good Vibes
人気記事

冬眠から目覚めた直後のクマ

もふもふ
更新情報

親近感が沸くクマの目覚め

最近は北海道を始めとするクマの生息地域で、住宅街にもクマが現れたというニュースをよく目にする。クマに遭遇しないのは、クマが冬眠してくれる冬だけだ。梅雨明けの夏はクマの餌が乏しいので注意をしないといけない。

さて、海外掲示板に冬眠から目を覚ました直後のクマという動画が投稿され多くのコメントが集まっている。

冬眠から覚めたばかりの熊
byu/truly-immaculateinDamnthatsinteresting

なんとも愛くるしい姿だが、猛獣であることに変わりはない。

クマの冬眠

クマの冬眠は、寒い季節に行われる行動です。主な目的はエネルギーを節約し、食べ物の不足や寒さから身を守ることです。冬眠期間は地域や気候によって異なり、一般的に3〜7ヶ月続くことがあります。

冬眠に入る前、クマは体重を増やすために食事を摂ります。これによって冬の間のエネルギー源となります。巣を作ることもあり、枯れ葉や木の枝で保温性を高めた巣を作ります。

冬眠中、クマは体温、呼吸、代謝率を下げ、ほとんど活動しません。一部のクマは間欠的に目を覚ますことがありますが、基本的には睡眠状態が続きます。

冬眠中、クマの体内では生理学的な変化が起こります。心拍数や呼吸数が低下し、体温も下がります。また、廃棄物が蓄積するため、冬眠から目覚めたときには排泄する必要があります。

冬眠はクマにとって重要な生存戦略であり、厳しい冬の環境下での生存を支えています。ただし、すべてのクマが必ずしも冬眠するわけではなく、地域や個体によって異なります。

海外の反応は?

最後に海外の反応を見てみよう。

・深刻な寝ぐせ。

・熊にコーヒーを飲ませろ。

・誰もが共感できる雰囲気だ。

・土曜の夜遊びを楽しんだ後の日曜の朝。

・金曜の夜遊びが終わった日曜の朝。

・このクマについてあまり知られていないことがある。彼女は高齢で、ロシアのサーカスから救出された。名前はチャダ。

・親近感がわく、朝起きたときの私。頭が混乱しているんだ。

・彼女はヒマラヤヒグマで、野生では300頭も残っていない絶滅危惧種だ。

・目が覚めたときに同じように見える人間を何人か知っている。

・目が覚めたら、今が何年なのかわからなくなっている。

https://reddit.com/r/Damnthatsinteresting/comments/150k5fh/a_bear_just_coming_out_of_hibernation/
この記事を書いた人
ジェームズ

カナダ出身のホッケーマニア。大学の専攻は機械工学。蕎麦好き。

ジェームズをフォローする
もふもふ
ジェームズをフォローする
更新情報
Good Vibes
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました