仏マクロン大統領が日本でのNATO連絡事務所開設に反対 | Good Vibes
人気記事

仏マクロン大統領が日本でのNATO連絡事務所開設に反対

国際
更新情報

中国への配慮が理由か

フランスのマクロン大統領が、日本にNATOの連絡事務所を開設することに反対を表明した。来週開催される重要なサミットを前に、西側安全保障同盟に亀裂が生じる可能性がある。

NATO関係者は数ヶ月前から、日本に連絡事務所を開設する計画を話し合ってきた。西側諸国と中国との緊張が高まっている今、この連絡事務所は同盟国にとってこの地域での最初の拠点となる。しかし、フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、このような地理的拡大は同盟の範囲を本来の北大西洋の焦点から大きくずらす危険性があると主張してきた。

マクロン大統領が反対したのは、中国への配慮があると情報筋は指摘している。

NATOとは

NATO(North Atlantic Treaty Organization)は、北大西洋条約機構として知られる国際的な安全保障組織です。1949年に設立され、加盟国間の相互防衛と安全保障のための協力を目的としています。加盟国は攻撃からの集団防衛を行うことを約束し、安全保障のための協力や情報共有、軍事力の開発などを推進しています。

NATOは現在、30の加盟国を有しています。これらの加盟国は北大西洋条約に署名し、相互に協力しています。組織の最高意思決定機関は「北大西洋理事会」であり、各加盟国の代表が参加します。また、NATOは軍事司令部や機構を運営し、軍事活動や作戦の計画と指導を行っています。

NATOは、加盟国の安全保障を確保するためのさまざまな活動を行っています。これには、共同防衛や集団防衛の原則に基づく軍事演習、危機管理、紛争予防、平和維持活動などが含まれます。また、NATOは非加盟国とも協力し、パートナーシッププログラムを通じて安全保障の強化を図っています。

NATOは冷戦時代には主に対ソ連の軍事同盟として機能しましたが、冷戦終結後は新たな役割と任務を模索しました。現在のNATOの主要な役割は、欧州の平和と安定の確保、テロリズム対策、サイバーセキュリティの強化、軍事能力の維持と発展、国際的な協力の促進などです。

NATOは関係国との協力を重視しており、パートナーシッププログラムを通じて非加盟国との関係を発展させています。また、新たな加盟国の受け入れに関しても検討が行われており、これまでに多くの国が加盟を果たしています。

海外の反応は?

最後に海外の反応を見てみよう。

・またも中国に寝取られたフランス。

・中国に屈するマクロン。

・彼の動機が理解できない。中国とどのような取引があるのか?

・エアバスは中国製航空機のために多くの航空機や部品を納入する契約を結んでいる。

・フランスの伝統や慣習に革命を起こす新たな方法を見出すパイオニアであるマクロンは、実際に紛争が始まる前に潜在的な敵に降伏する。マクロンは言うだろう。この先制降伏は「フランスの偉大な勝利」だと。

・とにかく、フランスにWiFiのパスワードを教えないように。

・中国が軍事費を増やし、NATO加盟国に影響を与え、地域の人々をいじめている今、日本はもっと軍事費を増やし、自衛のためのより良い軍隊を持つべきだと思う。

・私はさまざまな理由で大統領を尊敬していないが、今回もそのリストに加わった。

・スウェーデンとフィンランドは問題ない。マクロンは本当に習近平パパのお金が大好きだ。

・世界政治へようこそ。

https://reddit.com/r/japan/comments/14u2zjy/macron_blocks_nato_outpost_in_japan_amid_chinese/
この記事を書いた人
ジェームズ

カナダ出身のホッケーマニア。大学の専攻は機械工学。蕎麦好き。

ジェームズをフォローする
国際
ジェームズをフォローする
更新情報
Good Vibes
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました