中国の動物園がチャウチャウをパンダのようにペイントして炎上

広告
更新情報
更新情報
笑い話
広告

動物まで偽物

中国江蘇省にある泰州動物園では、メーデーの連休中に来園者を増やすために、「熊毛犬」(パンダ犬)の展示を宣伝していた。動物園の職員は2匹のチャウチャウの毛を刈り込み、顔を黒く染めてミニチュアのパンダに似せた。 ペイントされた犬たちは毎日午前8時から午後5時まで展示され、大勢の来園者が彼らを見に集まった。

動物園には中国固有種のクマであるパンダの実物を入手する資格がなく、魅惑的な代用品に落ち着いた、と広報担当者が中国国営メディアに語った。このアイデアはインターネットから得たという。

現地では可愛いという声も聞かれたが、大多数は批判的な意見だようだ。

世界に愛されるジャイアントパンダ

ジャイアントパンダは中国を代表する貴重な動物で、その特徴的な見た目と穏やかな性格から世界的な人気を誇ります。彼らは大きな黒い目と白い体、特に愛らしい顔立ちが特徴で、多くの人々に愛されています。

ジャイアントパンダは竹を主食としており、1日に約12時間もの時間を竹を食べることに費やします。彼らの消化器官は竹を消化するのに適応しており、他の動物とは異なる特殊な構造を持っています。また、時折果物や他の植物も食べますが、主食は竹です。

このかわいらしい外見と温和な性格から、パンダは中国の文化的象徴とも言えます。多くの国際的な動物保護団体がジャイアントパンダの保護と繁殖に取り組んでおり、その取り組みは成功を収めています。かつては絶滅の危機に瀕していましたが、現在はその数を回復させるためのプログラムが進められています。

しかし、依然としてジャイアントパンダは絶滅危惧種に分類されており、生息数は限られています。野生の環境が縮小し、生息地の破壊が進んでいることも課題です。そのため、持続可能な保護活動と環境保護が必要です。

ジャイアントパンダは一般的には穏やかでのんびりとした性格を持ちますが、野生下では基本的に孤独を好む傾向があります。人間との接触や他のパンダとの交流を避けることが多く、自然の中で静かに暮らすことを好みます。


海外の反応は?

最後に海外の反応を見てみよう。

・中国は文字通りすべてを偽造する。

・動物もコピー商品。

・中国ではすべてが偽物だ。

・中国人なら違いがわかると思うだろう。

・本物よりかわいい!

・おそらく内輪のジョークだろう。彼らの体格はジャイアントパンダというよりレッサーパンダに似ている……。

・私の子供たちがオーランドの水族館に行って、一番気に入ったのは人魚だった。

・パンダの展示よりも、こっちを見たい。

・少し前に、犬をトラのようにペイントするという話があった。

・オレゴンの動物園にこの展示を設置するために嘆願書を提出する。

https://reddit.com/r/nottheonion/comments/1cnbbl0/zoo_in_china_stages_phony_panda_exhibit_in_which/
広告
広告
この記事を書いた人
ジェームズ

カナダ出身のホッケーマニア。大学の専攻は機械工学。蕎麦好き。

ジェームズをフォローする
笑い話
SNSフォローボタン
ジェームズをフォローする
ジェームズをフォローする
更新情報
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました