ロシアの反体制指導者が刑務所で不審死

国際

2020年に毒殺されそうに

ロシア当局によれば、北極圏の刑務所に収監されていた野党指導者のアレクセイ・ナワリヌイ氏が、散歩の後に気分が悪くなり、死亡したと発表した。死因は不明のままだが、欧米の指導者たちはクレムリンに最終的な責任があることを非難している。

ロシア全土で200人以上の弔問客が逮捕された。
ロシアの人々は、逮捕の危機にもかかわらず、ナワリヌイ氏を追悼した。人権団体によると、ナワリヌイ氏の死後、少なくとも212人が全国で拘束された。

ロシア当局は10年以上にわたって、ナワリヌイ氏を黙らせるためにさまざまな方法を試みてきた。当初、クレムリンの一部では、都市部に住むロシア人の不満のはけ口としてナワリヌイを政界に残すことができると考えていた。しかし、2013年のモスクワ市長選で危険なほどの好成績を収めたことで、その思惑は外れてしまった。その代わりに、当局は彼に対するさまざまな刑事事件を起こす方向に動いた。

ナワリヌイ氏は2020年にロシアを飛び立った旅客機内で体調が悪化。ドイツ・ベルリンの病院に移送され、神経毒のノビチョク治療を受けていた。その後、ロシアに帰国すると、過激派団体を創設した罪などで禁錮19年の判決を受けていた。

海外の反応は?

最後に海外の反応を見てみよう。

・正直に言うと、彼はもう死んだと思っていた。

・プーチンが彼をここまで長生きさせたことに驚いている。

・ロシアのマンデラにはいつも期待していたんだが…。

・プーチンは人々を絶望させるのがとてもうまい。

・トランプがこの話題に沈黙していることに注目してほしい。

・ロシアは犯罪国家である。

・ロシアは悲しく、憂鬱な場所だ。

・ロシア社会で最も勇敢で、究極の代償を払った偉大な男。

・確かに彼は殉教者だ。

・確かに彼は勇敢で英雄的かもしれないが、毒を盛られた後にロシアに戻ってきた彼の間抜けさは否定できない。

https://reddit.com/r/worldnews/comments/1as6bwn/russian_opposition_politician_and_putin_critic/
この記事を書いた人
ジェームズ

カナダ出身のホッケーマニア。大学の専攻は機械工学。蕎麦好き。

ジェームズをフォローする
国際海外の反応
ジェームズをフォローする
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました