ネット環境を手にしたアマゾンの部族がポルノとSNSに夢中に

広告
更新情報
更新情報
笑い話
広告

ライフスタイルの変容

アマゾン奥地の部族がついにインターネットアクセスを手にいれましたが、その結果、ポルノやソーシャルメディアに夢中になるという予期しない事態が発生しました。ブラジルのマルボ族はインターネットの到来により生活が大きく変わり、特に若者たちはインターネットに依存し始めたとされています。これにより、部族の伝統的な生活スタイルが影響を受けているとのことです。

部族のリーダーであるツァイナマ・マルボ(73歳)は、ニューヨーク・タイムズに対し、「インターネットが到着したとき、皆が喜んだが、今では状況が悪化した。若者たちはインターネットのせいで怠けるようになり、白人のやり方を学んでいる」と述べました。一方で、インターネット接続には医療や緊急サービスへのアクセスが容易になるという利点もあります。

この出来事は、技術の普及がもたらす利点と欠点を浮き彫りにしています。特に、へき地のコミュニティが急速にデジタル世界に触れることで、文化的な衝撃やライフスタイルの変化が引き起こされることが示されています。

アマゾンの部族

アマゾンの部族は、南アメリカのアマゾン熱帯雨林に住む多様な民族集団を指します。彼らは、ブラジル、ペルー、ボリビア、コロンビア、エクアドル、ベネズエラなどの国々に広がる広大な地域に分布しています。アマゾンには約400の異なる部族が存在し、それぞれが独自の文化、言語、伝統を持っています。これらの部族の生活は、主に狩猟採集、農耕、漁業を中心に成り立っています。

ヤノマミ族は、ブラジルとベネズエラの国境地域に住む部族の一つで、狩猟採集生活を営んでいます。彼らは独自の言語と文化を持ち、シャーマニズムが重要な役割を果たしています。アショアニンカ族はペルーとブラジルに住む部族で、農耕と狩猟採集を組み合わせた生活を送っています。カヤポ族はブラジルの中央部に住んでおり、環境保護活動でも知られています。彼らは独特なボディペインティングと羽飾りが特徴的です。

アマゾンの部族の多くは、「マルボ」と呼ばれる大きな共同住居に住んでおり、複数の家族が共に生活します。彼らの生活は自然との調和を重視しており、持続可能な資源利用が基本となっています。しかし、現代においては、違法な森林伐採、鉱業活動、土地開発、感染症の蔓延など、多くの課題に直面しています。これらの問題は、彼らの伝統的な生活様式と文化を脅かしていますが、多くの部族は自らの権利を守るために積極的に活動しており、国際的な支援も受けています。

アマゾンの部族の文化は非常に多様で、神話、儀式、音楽、工芸などが豊富に存在します。多くの部族はシャーマニズムを信仰しており、自然の精霊や祖先の霊を崇拝しています。これらの信仰は、彼らの日常生活や社会構造にも深く根付いています。アマゾンの部族の生活と文化は、自然との深い結びつきと、持続可能な生活への尊重が特徴です。


海外の反応は?

最後に海外の反応を見てみよう。

・もしかしたら愚問かもしれないけど、彼らの間でどんなポルノが人気なんだろう?
・もう誰もパソコンでポルノを見てない。
・彼らが胸派かお尻派か知ってる?
・だから、彼らはただ他の皆と同じってこと?
・ウイルスやマルウェアが彼らのコンピュータを攻撃するのも時間の問題だな。
・彼らはAmazonをどう思うだろう?
・これは予想できた結果だ。インターネットの多くのコンテンツは人間の心理に基づいており、しばしばできるだけ操作的に作られている。これに対する警戒心がない場合、吸い込まれるのはほぼ必然だ。
・ポルノ中毒や精神的にやられてる人々が既に十分いるのに。
・インターネットにアクセスすることで、彼らは一部の伝統を失うだろう。それは残念だ。でも、インターネットへのアクセスを拒否するのは重大な権利侵害になる。
・この人たちが狩りや採集をやめて、レディットにコメントし始めるのを待っているよ。

https://reddit.com/r/nottheonion/comments/1d8dmr8/remote_amazon_tribe_finally_connects_to_internet/
広告
広告
この記事を書いた人
ジェームズ

カナダ出身のホッケーマニア。大学の専攻は機械工学。蕎麦好き。

ジェームズをフォローする
笑い話
SNSフォローボタン
ジェームズをフォローする
ジェームズをフォローする
更新情報
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました