トランプ氏がアイオワ州共和党大会を制す | Good Vibes
人気記事

トランプ氏がアイオワ州共和党大会を制す

国際
更新情報

大統領選共和党候補者選びの初戦

ドナルド・トランプ前大統領は月曜日、アイオワ州党員集会で記録的な勝利を収めた。

2024年米大統領選の共和党候補者選びの初戦となる党員集会が15日夜に中西部のアイオワ州で行われ、大統領経験者のトランプ氏は圧勝した。この結果、トランプ氏は共和党の指名をより強固に握ることになったが、正式に党の旗手になるにはあと数カ月かかる可能性がある。しかし、トランプ氏の勝利の大きさは、共和党のデサンティス氏とヘイリー氏の両候補に大きな疑問を投げかけた。両候補とも選挙戦から離脱する構えはないようだが、トランプ氏の最強の挑戦者となるべく、アイオワを離れても大きな進展があるとは言い難い。

第一次トランプ政権

ドナルド・トランプは、2017年1月20日から2021年1月20日までアメリカ合衆国の第45代大統領として務めました。その政権は、経済政策、外交政策、移民政策、環境政策、司法任命などで注目されました。

経済政策では、トランプ政権は減税政策と規制緩和を進め、企業税率の引き下げや経済成長促進を目指しました。外交政策では「アメリカ・ファースト」の方針を掲げ、国際的な取引や協定の再評価を行い、北朝鮮やイランとの交渉が焦点となりました。移民政策では厳格な対応が取られ、国境セキュリティの強化とともに入国規制が実施されました。

環境政策では、トランプ政権は環境保護規制の緩和を進め、気候変動への取り組みを削減しました。また、パリ協定からの離脱を実施しました。

司法任命では、トランプは多くの連邦裁判所および最高裁判所の判事を指名・任命し、アメリカの司法体系に影響を与えました。

トランプ政権に対する評価は分かれており、支持者はその経済政策の成果や移民政策の厳格さを評価する一方で、批判者は環境政策や外交政策への懸念を示しています。彼の政権は論争を呼び起こし、その政策や行動はアメリカ政治において重要な影響を与えました。

海外の反応は?

最後に海外の反応を見てみよう。

・え?まさか。

・アイオワは愚かな人間でいっぱいだ。

・いやはや、なんという国に住んでいるのだろう。

・なんてクソみたいな国なんだ。

・この州に住んでいるのが恥ずかしい。

・バイデンが2期目に突入するのがわかってよかった。

・共和党の有権者は腹立たしいほど愚かだ。

・いや、彼らは自分たちが何をしているかわかっている。

・悲惨なほど不運だが、驚くことでもない。

・それでもトランプを支持する者は、完全に迷走している。

https://reddit.com/r/politics/comments/197qeid/trump_wins_the_2024_iowa_caucuses/
この記事を書いた人
ジェームズ

カナダ出身のホッケーマニア。大学の専攻は機械工学。蕎麦好き。

ジェームズをフォローする
国際
ジェームズをフォローする
更新情報
Good Vibes
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました