チャールズ英国王がガンと診断される | Good Vibes
人気記事

チャールズ英国王がガンと診断される

国際
更新情報

がんの種類は不明も・・・

英国国王チャールズ3世は癌の治療を受けている、とバッキンガム宮殿は月曜日に声明を発表した。この特定不能のガンは、ちょうど一週間前に医師が前立腺肥大の治療をしていた際に発見されたものだが、75歳の国王は前立腺ではなく、体の他の場所にガンがあると診断された。

前立腺がん

前立腺がんは、前立腺という男性の生殖器官に発生するがんの一種。前立腺は尿道の周りに位置し、尿道や精子の一部を生成する液体を分泌します。前立腺がんは、細胞の異常な成長によって前立腺組織内で腫瘍が形成される病気です。

前立腺がんは男性のがんの中で最も一般的なものの1つであり、年齢が進むにつれてリスクが増加します。初期段階では症状がほとんど現れないことが多く、定期的な検診が重要です。進行した場合には、排尿障害や血尿、骨の痛みなどの症状が現れることがあります。

前立腺がんの治療法には、手術、放射線療法、ホルモン療法、化学療法などがあります。治療の選択肢はがんの進行度や患者の年齢、健康状態などによって異なります。早期発見と適切な治療が重要であり、定期的な健康診断と医師の指示に従うことが大切です。

海外の反応は?

最後に海外の反応を見てみよう。

・彼の一日も早い回復を祈っている。

・これほど早く公表するということは、予後が良くないのではないかと疑ってしまう。

・なんてこった。彼がこれに打ち勝つことを願うよ。

・彼の年齢では時間の問題だった。

・ある意味、前立腺の問題が彼の命を救ったのかもしれない。

・これによって、がんに対する意識が高まり、願わくばがん治療のための資金が増えることを願っている。

・カナダは硬貨を変えたばかりだ。

・まあ、ウィリアム国王は良い統治をするはずだ。

・数年の間に2人の君主を失うのか?

・早期発見で完治することを願っている。

https://reddit.com/r/worldnews/comments/1ajmy33/king_charles_iii_diagnosed_with_cancer_buckingham/
この記事を書いた人
ジェームズ

カナダ出身のホッケーマニア。大学の専攻は機械工学。蕎麦好き。

ジェームズをフォローする
国際海外の反応
ジェームズをフォローする
更新情報
Good Vibes
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました