スペイン、未成年者のポルノ視聴防止のため「ポルノパスポート」を導入

広告
更新情報
更新情報
国際
広告

業界や人権団体からは懸念も

スペイン政府は、未成年者のポルノ視聴を防止するために「ポルノパスポート」という新しい認証システムを導入する計画を発表しました。このシステムは、ユーザーがポルノサイトにアクセスする際に年齢確認を行うもので、個人情報を保護しつつ未成年者の不適切なコンテンツへのアクセスを防ぐことを目的としています。

この取り組みは、未成年者がインターネット上で容易にポルノにアクセスできる現状に対する懸念から生まれたものです。具体的には、ユーザーがポルノサイトにアクセスする際に、ポルノパスポートを通じて年齢確認が行われ、これにより未成年者のアクセスをブロックします。このシステムは、個人情報を保護しながらも効果的な年齢確認を可能にするために、ブロックチェーン技術を利用する予定です。

スペイン政府は、このポルノパスポートの導入により、未成年者がポルノに触れる機会を大幅に減少させることを期待しています。また、このシステムの導入は、他の国々にも同様の措置を促すモデルケースとなることが期待されています。ポルノ業界や市民権擁護団体からの反応は様々ですが、政府はこの新しい規制が子供たちを守るために必要不可欠であると強調しています。

ポルノ中毒とは?

ポルノ中毒とは、ポルノグラフィーの視聴や消費が制御不能になり、日常生活や心理的健康に悪影響を及ぼす状態を指します。この中毒は視聴頻度や時間が増加し、制御不能になり、耐性が発展してより強い刺激を求めるようになることが特徴です。また、視聴を止めると不安やイライラなどの離脱症状が現れ、人間関係や仕事、学業に悪影響を及ぼします。

原因としては、脳の報酬系の過剰刺激、ストレスや感情的問題の回避、インターネットの普及によるアクセスの容易さが挙げられます。治療方法としては、専門のセラピストによるカウンセリングや認知行動療法、同じ問題を抱える人々とのサポートグループ、自分の行動を管理する技術の習得、必要に応じた薬物療法があります。予防にはインターネット使用の適切な管理、健康的なストレス対処法の習得、オープンなコミュニケーションが重要であり、子供や若者に対する教育も大切です。


海外の反応は?

最後に海外の反応を見てみよう。

・1980年代初頭の高校時代、男女問わずみんながそれにアクセスし、共有することに夢中で、創造的に工夫していたのを覚えている。

・VCRをつないで(待って、それは暗示的に聞こえる?)テープをコピーして、お互いに配布していた。

・スペインに幸運を!

・子供たちがますます興味を持つだけだ。

・政府のやり過ぎのように思える。子供たちが何に触れるかは親の責任だ。

・親として、その努力は評価するが、効果があるとは思えない。

・アクセスをブロックするだけでなく、教育とオープンなコミュニケーションが必要だ。

・リソースの無駄のように思える。子供を守るためのより良い方法があるはずだ。

・どうやってこれを施行するつもりか気になる。

・子供たちは常に制限を回避する方法を見つける。いたちごっこだよ。

https://reddit.com/r/worldnews/comments/1dvywy0/spain_introduces_porn_passport_to_stop_kids_from/
広告
広告
この記事を書いた人
ジェームズ

カナダ出身のホッケーマニア。大学の専攻は機械工学。蕎麦好き。

ジェームズをフォローする
国際
SNSフォローボタン
ジェームズをフォローする
ジェームズをフォローする
更新情報
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました