アメリカのサブウェイで起きたカスハラ

広告
更新情報
更新情報
笑い話
広告

客の勘違いで暴力

カリフォルニアのサブウェイで、腹を立てた客が、女性店長の顔を殴った。

客の男性がサンドイッチのハムの枚数が少ないことに腹を立てたことが発端だった。しかし、これは男性の勘違いだった。男性は実際はハム12切れではなく6切れ分の追加料金を払っただけだった。

事件は先週の木曜日にマデラのサブウェイで起こり、すべて防犯カメラの映像にに収められていた。

男がカウンターの後ろに回り込み、店長の殴打。他の客や従業員たちが力づくで男を制圧して、警察に引き渡された。

深刻なカスハラ

「カスハラ」は「カスタマーハラスメント」の略で、顧客による不当な要求や暴言、嫌がらせ行為を指します。日本においては、特に接客業やサービス業の現場で問題となっている現象です。


カスハラの特徴

過剰な要求: 無理な返品・交換要求や、サービスの範囲を超えた対応を求める。
暴言・罵声: 店員やスタッフに対して暴言を吐く、人格を否定する発言をする。
威圧的な態度: 身体的に威圧する行動や、長時間のクレーム対応を強要する。
暴力行為: 物を投げる、叩くなどの身体的な暴力をふるう。

カスハラの影響

従業員のストレス増大: 精神的な負担が大きく、メンタルヘルスの問題につながることが多い。
職場環境の悪化: 職場の雰囲気が悪くなり、他の従業員にも悪影響を及ぼす。
離職率の増加: カスハラによるストレスで仕事を辞める従業員が増える。

カスハラへの対策

従業員教育: カスハラへの対処法を従業員に教育し、適切な対応を促す。
マニュアル整備: カスハラに対する具体的な対応策をマニュアル化し、従業員が迷わないようにする。
法的措置の検討: 必要に応じて警察や法律の専門家に相談し、法的措置を検討する。
メンタルヘルスサポート: 従業員のメンタルヘルスをサポートするための相談窓口や休暇制度を設ける。

カスハラの具体例

飲食店での事例: 注文した料理が思った通りでないと怒鳴りつける、無料にしろと要求する。
小売店での事例: 商品の返品を強要し、応じないと店員を罵倒する。
カスタマーサポートでの事例: 長時間にわたり電話で文句を言い続ける、個人的な攻撃をする。

カスハラは、サービスを提供する側と受ける側の信頼関係を破壊し、社会全体の調和を乱す行為です。そのため、企業や従業員が適切に対応できるように、社会全体での意識改革と法的な整備が重要です。


海外の反応は?

最後に海外の反応を見てみよう。

・サブウェイのことで誰かを襲ったり、刑務所に入ったりすることを想像してみてほしい。

・サブウェイで何が起きているのか?事態は混乱しているようだ。

・こんな些細なことで、こんな極端なことをする人がいるなんて。

・似たような事件で「マヨのかけすぎ」でサブウェイの店員が射殺されたことがあったよね?

・小売店や外食産業で働く人たちは、とても酷使されている。

・外食産業で働く人たちは、5年に1度くらいは人を殺す権利があってもいいような気がする。

・自分でサンドイッチを作れ。

・アービーズに行くべきだった。

・サンドイッチが20ドルなら、ハムは追加してほしい。

・真面目な話、もう外食しない。

https://eddit.com/r/nottheonion/comments/1crltxo/subway_manager_attacked_by_customer_who_wanted/
広告
広告
この記事を書いた人
ジェームズ

カナダ出身のホッケーマニア。大学の専攻は機械工学。蕎麦好き。

ジェームズをフォローする
笑い話
SNSフォローボタン
ジェームズをフォローする
ジェームズをフォローする
更新情報
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました