「ドライブ・マイ・カー」が米アカデミー国際長編映画賞受賞

ショービズ

邦画として13年ぶり快挙

濱口竜介監督の「ドライブ・マイ・カー」がアカデミー賞国際長編映画賞を受賞。邦画としては、2009年の滝田洋二郎監督の「おくりびと」以来の快挙。

日本映画として初の作品賞ノミネートも

ドライブ・マイ・カーは日本映画として初の作品賞にノミネートされていたが、惜しくも受賞を逃した。作品、監督、脚色、国際長編映画の4部門にノミネートされていたが、国際長編映画以外の部門は受賞を逃した。カンヌ国際映画祭脚本賞受賞を皮切りに、賞レースで圧倒的な強さを見せていたが、前人未到の快挙はならなかった。

海外から祝福の声

とはいえ、日本映画史に刻まれた新たな金字塔に、海外からも祝福の声が寄せられた。

・受賞おめでとう。

・作品賞を受賞するべきだった。

・「ドライブ・マイ・カー」は、正真正銘、過去10年間で最高の映画のひとつ。

・見ようかと思ったけど、長さにちょっと躊躇われる。その価値があるかどうか、普通の人たちが教えてくれるかな?

・↑マーベルのスーパーヒーロー映画ではないよ。

・私は退屈だと思った。

・しかし、ウィル・スミスがヒステリーを起こしたので、誰も気づかない。

・誰かの顔を叩いていたら、彼(濱口監督)はもっとスピーチの時間を貰えたはず。

・4Kでリリースされる可能性はあるかな?

https://reddit.com/r/movies/comments/tq2ah0/japan_film_drive_my_car_wins_best_international/
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました